2011年2月28日 (月)

映画「カサブランカ」

久しぶりに、マイケル・カーティス監督(ハンガリー映画界出身)の映画「カサブランカ」を見た。
嘗ての名画といわれる、この映画の愛好者は多い。
「カサブランカ」は昭和17年(1942)の作で、第二次世界大戦が始まったのが昭和14年(1939)、日本が米英と開戦したのが昭和16年(1941)だからその翌年の作品になる。

この映画のストーリーは大方ご存知のとおり、フランス領の北アフリカのモロッコの首都カサブランカが舞台。
ドイツに降伏したフランスのヴィシー政権によって統治されているモロッコのカサブランカにも既にドイツ軍が居る。ここにはドイツに占領されたヨーロッパの各地からアメリカに亡命したいと思う人たちが、中立国のポルトガルのリスボン経由でアメリカに行ける機会を狙ってみな必死だったが、ただ特別許可証がなければ出国できない。

その亡命希望者の中に、チェッコスロバキア人のラズロという重要人物が居て、その妻である美人のイルザという役がイングリッド・バーグマン
この町のカフェにリックという男が居てそれを演じるのが、ハンフリー・ポガート。その店に偶然ラズロとイルザがやってくる。リックは吃驚する。実はイルザは嘗てリックがパリに居た時、熱烈に愛し合った仲だった。
ストーリー自体はありふれたものだが、しかしリックの酒場でドイツの将校たちが傍若無人に「ラインの誇り」を合唱すると、ラズロがバンドに「ラ・マルセエーズ」を演奏してくれないかと頼む。バンドがリックの顔を見る。リックは無言で頷く。両者が声を張り上げて歌い競いあうという場面は、戦争に負けても心までは支配されないぞとの心意気を示す。
結末はご存知、ラズロとイルザが間一髪で脱出するところで終わるが、そのラスト・シーンは感動的である。

主演のイングリッド・バーグマンを見たいためにこの映画を再再度にわたって見たとも言える。彼女は大正4年(1915)、スウェーデンのストックホルム生まれ。ハリウッドで一躍注目されるようになったのは「カサブランカ」。新進スターとして確固たる人気と堅実な演技力の持ち主としてその地位を確保した。「誰が為に鐘は鳴る」「白い恐怖」「ガス燈」等でも好演したがなんといっても「カサブランカ」はひとつの時代の精神の記念碑のような名作になった。

以後、「戦火のかなた」のロベルト・ロッセリーニ監督への傾倒がきっかけでハリウッドから追放されたような状態になるが、昭和31年(1956)の「追想」でハリウッドへのカムバックを果した。

しかし矢張りバーグマンの記憶は「カサブランカ」をおいてない。そのために人は「カサブランカ」を飽きずに見、見るたびにあの美貌と理知的な容貌のイングリッド・バーグマンに溜息をつく。(文中、佐藤忠男氏の文を一部引用した)
今日で2月も終わる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)