« 2017年11月 | トップページ

2017年12月 5日 (火)

返り花

俳人協会・俳句文学館発行の12月俳句カレンダーに鷹羽狩行氏の俳句が掲載されている。大瀬俄風氏の解説文がある。

 人の世に花を絶やさず返り花  鷹羽狩行

29121_2 『掲句について、作者は「(この句の返り花は)神の配慮というか、使命感をもってというか、むしろ誇らしげではありませんか」と、自著『俳句の秘法』の中で評されている。返り花を、小さく、寂しげなものと見るのではない。確かな意志を持ってそこに存在しているという新しいとらえ方をされている。しかも、説得力がある。

 ひるがえって思うに、私たちには、その返り花の姿が見えているだろうか。いや違う。そもそも私たちは、返り花を見ようとしているだろうか。コートの襟を立てて、視線を地面に落とし、せわしなく歩いている者に見えているはずがない。

 掲句が発表された平成7年には、年が改まってすぐ阪神・淡路大震災が起こり、2カ月後の地下鉄サリン事件で多くの被害者が出た。
 この返り花が咲いたのはそんな時だったのだ。私たちはじっと返り花を見つめて、その断固とした意志をしっかりと受け止めなければならない。(大瀨 俄風)』

 

この句は私にとっても忘れられない名句として、返り花が見られる季節にはきっと思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ