« 椎の花 | トップページ

2017年6月30日 (金)

茅の輪くぐり

今年も井伊谷宮の茅の輪を潜ってきた。

歳時記に拠ると「名越(なごし)の祓に用いる呪具で茅萱を束ねて大きな輪としたもの」とある。
20170630 「これを鳥居や社殿の前に立て、参詣の人々はこれを潜って、無病息災、厄除けの祓いとする。中世以降は宮中でも行った記録がある。小さく作ったものを首や手にかけることもあり、神社の茅の輪の一筋を抜いて来て、厄除けとするところもある」とも書かれている。

今年は生憎の小雨だったが傘をさすほどでもなかった。
茅の輪を潜る前に、形代(かたしろ)と呼ばれる薄い白紙を人の形に切ったものに、自分の名前を書き、息を吹きかけたり、体を撫でたりして、身の罪や穢れを移し、茅の輪を潜った後それを水に流す。

なんでもない行動だが、なにかそんな意味を噛みしめながらやると本当にすっきりするから不思議だ。
   あきらかに茅の輪くぐりし前と後  斉藤美規

|

« 椎の花 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/65476412

この記事へのトラックバック一覧です: 茅の輪くぐり:

« 椎の花 | トップページ