« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

茅の輪くぐり

今年も井伊谷宮の茅の輪を潜ってきた。

歳時記に拠ると「名越(なごし)の祓に用いる呪具で茅萱を束ねて大きな輪としたもの」とある。
20170630 「これを鳥居や社殿の前に立て、参詣の人々はこれを潜って、無病息災、厄除けの祓いとする。中世以降は宮中でも行った記録がある。小さく作ったものを首や手にかけることもあり、神社の茅の輪の一筋を抜いて来て、厄除けとするところもある」とも書かれている。

今年は生憎の小雨だったが傘をさすほどでもなかった。
茅の輪を潜る前に、形代(かたしろ)と呼ばれる薄い白紙を人の形に切ったものに、自分の名前を書き、息を吹きかけたり、体を撫でたりして、身の罪や穢れを移し、茅の輪を潜った後それを水に流す。

なんでもない行動だが、なにかそんな意味を噛みしめながらやると本当にすっきりするから不思議だ。
   あきらかに茅の輪くぐりし前と後  斉藤美規

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

椎の花

俳人協会・俳句文学館発行、平成29年6月の俳句カレンダーに星野恒彦氏の句が載せられている。杉浦功一氏の解説がある。

2906_21

抜け来る杜に一礼椎の花  星野恒彦

 『森の中で椎の花は見えない。青白く湿った匂いからそれが咲いていると知る。そして森を出て振り返ったとき、樹冠の上に雲のように白く咲く花を改めて目にするのだ。
 
 「杜」の字は神社の森を表すので、「一礼」はその奥に鎮座する神への挨拶。椎は古代から鎮守の森として守られた自然林を成す樹種の一つだ。
 
 作者によれば、この句は明治神宮での印象に基づくという。明治神宮は実は自然林ではなく、それに近づけて育成された人工林である。確かにこの句の「抜け来る」に古代的信仰は感じない。
 
 古代人は神に深々と祈った後、森から畏まりつつまかり出ただろう。つまりここに詠まれたのは現代の都市生活の習慣である。ただしその「一礼」も今後いつまで残るだろうか。これは失われゆく習慣の記録かもしれない。(杉浦 功一) 』

 私の故郷は長野市に編入された昔の村だった。

 産土神社は犀川神社といって、文字通り犀川を前にした田園地帯であったが今は、長野市の住宅地帯になってしまったので、様相は一変してしまった。
 しかし特に秋の収穫時期が済んだ頃の神社の秋の大祭には、古式床しい神楽が出て、伝統を厳しく踏襲した獅子舞と祭笛、そして芸術的な花火が奉納され大勢の人達がお参りする。

 私たちの年代の人たちは今も産土神社崇拝の念は忘れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »