« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

佐鳴湖

浜松市旧市街の南西に佐鳴湖(さなるこ)がある。
Img_6580
佐鳴湖に就いては、嘗て紹介したように、
『東西600m、南北2.2km、周囲7kmの湖で、三方原台地の水を集めて浜名湖に注ぐ谷川が沖積期に入った頃(約1万年前)に、南端に打ち寄せた砂州によって出口を塞がれてできた自然湖である。
古くは浜松城主や賀茂真淵などの文人墨客が清遊し美しい風景を詩歌文筆に残している。
また入野の竹村広蔭が佐鳴湖を愛し佐鳴八景といって風致景観を賞讃した(浜松市)』
Img_6583周囲には季節の花々が咲き乱れ、青蘆も群生し、いつも常連の釣り人が糸を垂らし、特に鰻は上質で鰻筒が仕掛けられている。
また周囲を散歩する人、ジョギングする人たちが、又湖上は漕艇場になっていて、公式コースも設定されている。

朝夕の日差しに照らされる風景は実に美しい。俳人達にとっては格好の句材収集の場でもある。
近くの蜆塚遺跡や博物館も亦同好の士の散歩や憩いの場となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »