« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

茅の輪(ちのわ)

今年も我が家から程近い井伊谷宮へ行き、茅の輪をくぐり、形代(かたしろ:薄い白紙を人の形に切ってそれに自分の名前を書いたもの)に息をふきかけるなどして、身の罪や穢れを移し、水へ流して穢れを祓って来た。
Photo 毎年の行事であり、記述の茅の輪の通りの行事であるが、潜って形代流しをした後は何となくすっきりした気分になる。
   息災にありあれ茅の輪潜りつつ  石塚友二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

俳句に託して

 俳人協会・俳句文学館発行、平成28年6月号の俳句カレンダーに千田一路氏の俳句が掲載されている。野上智惠子氏の解説文がある。

一呼吸しての返事や柚子の花  千田一路

 『平成20年の作。
 この句と出合ったとき、「あゝ、事に当たるときは、このような心掛けが肝要なのだ」と今さらにして思ったことであった。

 句の主眼は「一呼吸」。何事においてもおろそかにしない作者の誠実さと責任感。冷静、沈着な一面が計らずも表現されたといえよう。
 大切な取引も、電話やメール1本で片付ける昨今、一呼吸置いての返答は千金の重みがある。 秒単位の僅かな時間、思考を纏めて結論を下す微妙な間の取り方を衒いなく詠み上げ、瞠目させられる。

 掲句、膝を正し、返答を待つ人物の緊張した面持ちが浮かぶ。折しも庭先の柚子の花の清々しい香が、開け放した座敷まで流れ込み、対峙する2人を和ませるかのよう。
 清楚で地味な柚子の小花に、快諾の兆しが窺われる。第5句集『自在』に所収。(野上智恵子) 』

今年も半年が過ぎようとしている。折しも参議院議員選挙戦が熱を帯びてきつつある。
責任を伴わない権利主張ばかりが目に付く昨今の風潮の中において、このような一呼吸してからの返事をするくらいの責任感のある政治家が出てくることを望んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »