« 満蒙開拓民の悲劇 | トップページ | 時期が来ると »

2016年3月11日 (金)

或る葉書に託して

旧友Bさんから過日思いがけず電話を頂いた。その返礼も兼ねて返信。

過日はお電話を頂き有難う御座います。Y社OB会員の「趣味の作品展」、今年は初日にお伺いして拝見しました。いつも其の力作ぶりに感心しています。会社生活の時には、そんな才能の片鱗も見せなかった人たちの何処にこんな素晴らしい才能があったのかと感心し尊敬し羨ましく思っています。

 Bさんとは会社生活を離れて、今までお会いする機会も無かったのに、あの場所であの絵(Bさんも絵画部門に出品)でお会いするとは夢にも思っていませんでした。絵の描ける人は心も優しい人でしょうね。私のように絵も描けない者からしたら羨ましい限りです。これからも良い絵をお描き下さい。

 

 別件ですが、我が家の近傍に、通称木蓮通りと称する白木蓮が道路の両側に約8kmに渉って続く道があります。そろそろ学校の卒業時期になると立派に花を咲かせてくれます。今年も今、満開です。

年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず

Photo

いつもこの詩を思い出しながら、散歩しています。

 空に哨戒機が飛んでいました。

 今日は東日本大震災から5周年。

|

« 満蒙開拓民の悲劇 | トップページ | 時期が来ると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/63332031

この記事へのトラックバック一覧です: 或る葉書に託して:

« 満蒙開拓民の悲劇 | トップページ | 時期が来ると »