« 葱坊主 | トップページ | なんじゃもんじゃ »

2015年4月30日 (木)

次々に花が咲いた

今年も花は咲いた。
Img_5705Photo

今年も咲いた

白木蓮も桜も立派に咲いた。
しかし晴天が少なく雨に祟られた期間が多くそれだけ花を観賞する時間が少なかった。でも少ない時間ながら例年通り咲いてくれた。

我が家の庭の常盤まんさくも躑躅も咲いた。
Photo_2 Photo_3

疲れた時に庭の花を見ていると気持も安らぐ。
最近では日本の四季の区別も前のように明確ではなくなって来ているがそれでも日本の四季の眺めは嬉しい。安らぎを与えてくれる。

|

« 葱坊主 | トップページ | なんじゃもんじゃ »

コメント

好きだった場所から転居をして、二年が経とうとして居ります。以前の住居は都心でしたが割合に緑に恵まれ、散歩道には公園もあり、落ち着いた場所でございました。
春ともなれば空を見上げるように花開く公園の白木蓮の木が遠くからもよく見えて、目にする度に気持ちが和みました。

お庭のお写真を拝見しながら、あの公園の白木蓮や枝垂桜を思い出して居ります。先頃、突然始まった本格的な介護の毎日に気持ちが沈んで居りましたが、お写真の白木蓮の白は、何かひたむきに純粋で、潔くあたたかなものを、気持ちの中に忘れないように、と諭してくれたように感じます。幸い周囲の協力を得て、外出する事は出来ますが、Alps様にとっての御自宅のお庭のような場所は何処にも持てず、毎日が色褪せたような思いを抱きます。自分もまた老いる存在ですのに、身勝手でございます。

お写真を拝見しながら、いつの日にかあの公園で、木蓮の真っ白な花と、一日、向き合って過ごせたらと思います。

Paillette

投稿: | 2015年5月13日 (水) 19時40分

Paillette様、お久しぶりです。
お便りを拝見して思うことは、私のようにせめて外観だけでも元気そうにしていないと気持が萎えてしまいそうな者からすると、内面に確固としたものを持っていらっしゃる人ほど赤裸々に発言できる人だなと思っています。
「またや見ん交野のみ野の桜がり花の雪散る春のあけぼの(藤原俊成)」
人生の黄昏時、自然によって気持が落ち着くことが多くなりましたね。

投稿: Alps | 2015年5月22日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/61518896

この記事へのトラックバック一覧です: 次々に花が咲いた:

« 葱坊主 | トップページ | なんじゃもんじゃ »