« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

株主総会

去る3月26日にYM社の株主総会が行われた。

YM社は、Y社を母体として戦後10年頃、Y社の浜北工場として出発したが、やがて1955年に正規にYM社が誕生した。

Y社は戦時中は本業の楽器製造から軍需工場として、その木工技術を生かして戦闘機のプロペラや更には落下タンクを造っていたと聞く。
戦後本業に戻ったが、プロペラなどの製造に使われた工作機械は米国への賠償対象になっていたが、やがてその対象から外されたのが終戦後10年近い頃であった。

その機械の使途に就いて、当時のY社のK社長はオートバイ業界に乗り出す決意をしたが、その経緯に就いての一端を、2008年1月22日の弊記事「商品コンセプト」から一部抜粋する。

『同社がオートバイ業界に打って出た1955年代は、T社が断トツのトップ企業で、その後を、HSK各社が追い、更にR社等有望企業が続いていた。

YM社は、元々Y社を母体として誕生した会社である。Y社がオートバイ業界に参入した動機は色々あるが、いずれにしてもその決断をしたのはK社長(当時)であり、Y社の大方の経営者が反対する中での決断だった。

かくして生れたY社の新規事業部門は、やがて分離独立して現在のYM社となった。今や1兆円企業に成長し、この業界のトップ3にまでなっている。経営者の孤独な決断を知る一例として知られている。』
Ya1 Photo

写真左は、YM社立ち上げ当時から名車として親しまれてきたYA1、右は展示室の一部である。
同社コミュニケーションプラザの展示室には所狭しと、二輪車、レーサー、三輪スクーター、スノーモビル、ゴルフカート、各種船舶とエンジン、四輪車、等々が並べられている。

因みに同社前期の売上高は連結で、1兆5200億円、従業員5万2600人を抱える大企業になった。発足当時誰がこれほどの大企業に発展すると予想しただろうか。

経営者の先見性と決断の重要性を再び考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »