« 句集「橡並木」 | トップページ | 2014年を振り返って »

2014年11月28日 (金)

或る音楽会

或る経緯があって、母校の小学校の音楽会に招待された。私が同校を卒業したのは昭和13年(1938)3月だったから、あれから76年余の歳月が流れた。

昔懐かしい校舎が2棟あるほかは校舎も校庭も変っている。校舎の耐震工事等がほぼ終了した10月30日に音楽会が開催された。

76年という歳月を考えると、目の前の児童は勿論だが、児童たちのご父兄や、先生方もまだ生まれていらっしゃらなかった頃のこと。昔のことは茫々として忘却の彼方に霞んでいる。
Photo_3

音楽会は1部2部に別れ、全校生徒の二部合唱が1部2部の始めと最後に行われる他は、1年生から6年生まで合唱があり器楽合奏があり夫々日頃の練習の成果を発表して惜しみない拍手を受けていた。

生徒が顔中を口にして歌っている姿、懸命に楽器を演奏している姿。其の真剣さ、一所懸命さは何と美しいものか私は思わず涙ぐんだ。そして唱歌「ふるさと」の歌詞を思い起こしていた。「こころざしをはたして、いつの日にか帰らん、山はあおき故郷、水は清き故郷」誰しも心の中に思っているからでしょうか。

私たちの世代と現在の世代とは環境が全く変わっていることを考え、私たちには細部のことは判らないにしても今度の音楽会で頂いた感動は忘れない。人は感動の心を忘れてはならないとも思った。そして感動を起させる仕組みを考える必要性も感じた。

私は音楽会を通じて児童たちに、そして指導される先生方に多くの教訓と強い感動を頂いた。世代が、環境が変ろうとも、(PTAの皆さんとの良好な関係の下)この先生方がいらっしゃる限り、この児童の真剣さが心にある限り、児童たちがこれからも努力して立派な人になってゆくことを信じて疑わない

|

« 句集「橡並木」 | トップページ | 2014年を振り返って »

コメント

儘ならない事が生活というものならば、世の中は無情そのものではないか、生きるという事は凡人にとってあまりにも難しい事ではないか等と思いつつ、気忙しさの中で今年も一年が過ぎようとして居ります。Alps様のような御年齢で「感動を頂いた」と仰る事に、この一年間自分が随分、偏屈で無感動であったのではないか、と反省致しました。
どんな状況にあっても、感動のない人生であってはいけないのでございますよね。来年は、もう少し視野を広く持ちながら日々鍛錬を重ねたく思います。

今年も一年間、拝読させて頂きまして、誠に有難うございました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Paillette

投稿: Paillette | 2014年12月30日 (火) 16時32分

歳をとるとつい涙腺が弛みがちになる。
私の母校である小学校の、後輩の後輩の後輩である子供らが一所懸命に歌っているとつい昔の頃を思い出して涙ぐんでしまう。女々しいと言われればそうかもしれない。ただなんでと聞かれても答えようがない。
当時から現在に至るまでの経過を考えても私にも関ヶ原があったなとの想いもある。
やり直しの効かない人生これからも「今を大切に生きる」ことしかない。
Paillette様には温かい眼でいつも読んで頂いて有難う御座います。
どうか良いお年をお迎え下さい。

投稿: Alps | 2014年12月30日 (火) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/60727324

この記事へのトラックバック一覧です: 或る音楽会:

« 句集「橡並木」 | トップページ | 2014年を振り返って »