« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月 6日 (水)

広島原爆の日

今日は8月6日。広島は69回目の原爆の日を迎えた。広島の平和記念公園では雨の中「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が行われ、被爆者や遺族、安倍首相や米国のキャロライン・ケネディ駐日大使ら約45000人が参列した。

原爆が投下された午前8時15分には、平和の鐘が鳴らされ参列者が黙祷を捧げると共に、日本中の人たちも夫々に万感の想いを籠めて1分間の黙祷を捧げる。松井広島市長の平和宣言、安倍首相の挨拶等があった。

今は戦争のあったことを知らない子供らが増えているという。我々の年代からすると考えられない事実である。300万人もの犠牲者を出した戦争が忘却の彼方に…は情けないことである。

何故あんな戦争を起したのか。前に「統帥権」に就いて書いた。この日に当たってもう一度考えておきたい。前に書いたものを再現する。

統帥権(2011/8/31記を再現)

『文芸春秋八月特別号に「心に灯がつく人生の話」と題して、城山三郎、吉村昭、司馬遼太郎等10人の名講演集を掲載している。

そのうちの司馬遼太郎の講演は「日本の「電池」が切れるとき~組織というものは40年でダメになる」という題で講演している。(1992/06/02、東京よみうりホールでの講演)
その中で、「文章と其の解釈の重要性」に就いての論説がある。
其の中から適宜引用させて頂く。

「明治22年に憲法が出来た。其の憲法の基本に~これが日本の破滅につながるのだが~統帥権というものがあり、いま考えても嘘のような憲法解釈があった。陸軍ないし海軍の一番偉い人間が内閣総理大臣に相談もせず、隠れて天皇に会うことが出来る。これが「統帥権」で、帷幄上奏と称して総理大臣以下を無視して決める権利を持った。これが統帥権の基本で、日本を好きなようにしてしまった。」

「実は憲法が出来たけれどその解釈学が必要と言うことになり、美濃部達吉がイギリスへ、佐々木惣一がドイツへ留学した。
美濃部はイギリスに行って「天皇機関説」を考えたが後にそのために追われることになった。昭和10年のこと。」
「美濃部も佐々木も憲法解釈の本を書いた。二人とも三権分立を熱っぽく書いたが、その三権分立の最後に、小さな活字で「」と書いてあって、
美濃部の場合は「わが国の慣習として統帥権というものがある」と一行あるだけで統帥権は何かとも書いていない。
佐々木もそっくりの文章で「わが国の慣習として統帥権というものがある」と記されているに過ぎない。
イギリスは慣習の国であって、美濃部が、我が国の慣習として統帥権というものがあると書くのは「註」としても重い。ドイツは成分法の国で慣習を認めない。そういう意味では美濃部のほうが重大で、あとで「軍という魔物」をつくり出すもとになった。」

「日露戦争はやっと勝ったというのが実情であと1ケ月続いていたら駄目になったでしょう。しかし、やっと勝ったということを、新聞・雑誌・教育の現場で一度も教えなかった。バカな話で、軍が秘密にして、秘密にして、秘密にして遂にのちの戦争で国を滅ぼした。」

「昭和14年にノモンハン事変が起こった。ノモンハンは大平原で行われ、向こうは完全な機械化部隊だった。ところが日本軍は織田信長の軍隊のようだった。それは当時連隊長ををしていた須見新一郎氏の実体験で、其のことを氏自身が語っている。」

「昭和の始めぐらいの陸軍ではモスクワ駐在武官に何人も行っているが「ソ連の軍隊は日露戦争の時のロシア軍ではない。凄い近代装備に変わっている」などと書いたら「狂ソ病」として出世が止まった。」

「日本という国は恐ろしい国です。日中戦争を昭和12年に始めて、その間にノモンハンで敗戦し、それから僅か2年で太平洋戦争をやる国だ。それは全部、憲法の統帥権が悪かったからだ。」

「兎に角明治40年までは素晴らしい国だった。それがバルチック艦隊の最後の一艦が沈んでから悪くなった。」

8月30日のNHK「さかのぼり日本史~満州事変・暴走の原点」で、軍は遂に昭和天皇の意志も無視して暴走した実態を報道していた。それがのちに、何百万もの犠牲者を出した太平洋戦争につながった。
今、憲法第9条の解釈を巡って、自分に都合の良い様に、勝手に解釈をしているのが気になる。』

今日は2014年8月6日、広島原爆の日である。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »