« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

柳まつり全国俳句大会

第32回「柳まつり全国俳句大会」が今年も6月8日に那須町で行われた。

俳句大会の開催に先立って例年のように、遊行柳(ゆぎょうやなぎ)をバックに芦野の田植祭が行われた。
Img_5203 Photo

 今年は時ならぬ今様芭蕉さんも出て会場の雰囲気も盛り上がった。

田植風景は最近では余り見られなくなったが、瑞穂の国の原風景であり、私のように子供の頃から実際に其の仕事をしてきた者にとっては懐かしい風景でもある。

芭蕉は「おくのほそ道」で前述のように「田一枚植て立去る柳かな」と詠んだあと、須賀川の等躬亭で「風流の初やおくの田植うた」と詠んでいる。
「陸奥の田植歌こそ、白河を越えて最初に味わう風流だ」の意で「おく」とは「奥州」の意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »