« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月 1日 (木)

環境という壁

環境という壁

NHKの朝ドラ「花子とアン」が放映されている。

「赤毛のアン」などの英米児童文学の日本語訳版などの著者として知られる村岡花子の半生を描いた伝記作品である。

1893年、山梨県甲府の貧しい家に生まれた、はな(吉高由里子)は幼い時から家の手伝いに明け暮れていたが彼女が7歳の頃、父吉平(伊原剛志)から貰った絵本に興味を持ち、父に導かれて尋常小学校に通い始める。彼女の聡明さを感じた父は、彼女を東京のミッションスクール・修和女学校へ編入学させようと動き出すが、家族や周囲の反対にあって諦めざるを得なかった。しかし、はなの本を愛する気持が3年の年月を経て母ふじ(室井滋)や祖父周造(石橋蓮司)を動かし編入学を果たす。話はそんな所から始まる。

 此処で「環境という壁」に就いて思う。

 はなの時代の就学状況は随分厳しかったであろうが、昭和も戦前までは所謂旧制教育制度の時代で、義務教育は尋常小学校まで。一村から中学校(旧制)へ行ける人はせいぜい3,4人くらい、それもそれなりの才能があり且つ、ある程度の財力のある人に限られていた。

                    

しかしそれ以上に感じるのは「環境という厚い壁」であった。

因みに兄二人が(旧制)高校から大学へ進んだ家庭に育った私の友人がいる。彼の家庭環境からすると、彼が中学へ進むのは当前であり何の壁もなかったであろう。

しかしそのような恵まれた家庭とは違って貧しい家にあっては、子供に優れた才能があっても親に其の気がなければ「進学」は考えられなかった。つまり環境の壁は厚かった。子供もそれが判っているだけに敢えて言い出せなかった。

 

それを思うと、ドラマの中の話とは言え、はなの父は偉かった。子供の才能を見出しただけでなく、其の才能を伸ばすべく、自から行動を起し進学させたたことは当時としては画期的な出来事であった筈だ。

 

 昔の先生の中には所謂聖職と言う名に相応しい先生がいた。教え子の才能を伸ばすために親や家族を熱心に説き伏せた先生、そのような先生との出会いによって進学への道が開け人生までも変った人の実例を私は知っている。その熱意を思うと昔の先生は偉かったと思う。

 今の先生は昔とは違った状況下で、大変な重圧の中でのお仕事と聞いているが、目的は昔も今も変らないであろう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »