« 懐かしき同士達 | トップページ | 台風18号 »

2013年8月15日 (木)

心に残る言葉

人は夫々「心に残る言葉」を持っている。
人夫々の生き方もあり、「心に残る言葉」も夫々であろう。ここに書いたのはその一部である。

今日は終戦(敗戦)日

心に残る言葉 (某)は作者不明又は忘却

・「貴方は勝つものと思ってゐましたか」と老いたる妻の淋しげに言ふ(土岐善麿/終戦を詠って)

・天地(あめつち)の中に我あり、一人あり(吉川 英治)

・年をとる事はいい事だ、とってみないとわからない世界が開けてゆく坂村 真民)

・自から淋しくもあるか夕暮れて雲は大きく谷に沈みぬ(斉藤 茂吉/箱根で)

・一流人とは、一流になっても一流の努力を続けられる人である(某)

・自分の無知を知らないのは、無知より更に劣る(トルーマン)

・才能のある人は自分の努力の尊さを知っている(某)

・花を支える枝、枝を支える幹、幹を支える根、根はみえねんだなあ(みつを)

・つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの(みつを)

・歩くから道になる 歩かなければ草が生える(みつを)

・考えてばかりいると日が暮れちゃうよ(みつを)

・体験してはじめて身につくんだなあ(みつを)

・明日は新しい日(Tomorrow is another day.)(某)

・「父の誕生から末孫の誕生までの百年が、この日没で終わった。電気も水道も無かった家に車が備わった百年。両親や私が懸命に生き、多くの素晴らしい人達との出会いに恵まれた世紀は、この日没で終わる。」(2000/12/31の日没を、太平洋上に見送って(畏友:Y氏

・青春「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

逞しき意志、優れた創造力、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春と言うのだ。

   年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。・・・・・

     人は信念と共に若く 疑念と共に老ゆる

     人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる

     希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる」 (サムエル・ウルマン/松永安左エ門訳)

・たどりつきふりかへりみればやまかはをこえてはこえてきつるものかな(河上 肇)

・人生の短さについて(セネカ/茂手木元蔵訳)

  われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。

|

« 懐かしき同士達 | トップページ | 台風18号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/57989863

この記事へのトラックバック一覧です: 心に残る言葉:

« 懐かしき同士達 | トップページ | 台風18号 »