« プロ野球の統一球問題 | トップページ | 句集「火祭」 »

2013年6月30日 (日)

株主総会

3月期決算企業の株主総会は、6月27日に約1100社とピークを迎えた。各社とも反転攻勢に向けた舵取りを問う場になった。また成長戦略と共にコーポレントガバナンス(企業統治)にも厳しい目がむけられ、社外取締役が増えたのも一特徴である。

そんな中でY社の株主総会は26日に行われ、生憎の風雨の強い日だったが大過なく済んだ。その後出席株主へのサービスとして恒例のミニコンサートが行われた。

浜松は駅前に立派なイベントホールがあり、各種催しが行われ、特に各種コンサートも開催される機会が多いのだが、株主総会が済んだ後のリラックスしたミニコンサートはまた、このような本格的なコンサートとは別な楽しみと雰囲気を味わえる。

今年のミニコンサートは、
  エレクトーン;清水 のりこ
  ソプラノ   :小川 里美
  バリトン   :与那城 敬  130626 の演奏(写真はY社の提供による)で、曲目はコンサートの趣旨も考えて比較的ポピュラーな曲が選ばれた。
  プッチーニ:オペラ「ジャンニ・スキッキ」より ”私のお父さま”
  ビゼー  :オペラ「カルメン」より ”闘牛士の歌”
  プッチーニ:オペラ「トスカ」より ”テ・デウム”
  プッチーニ:オペラ「トスカ」より ”歌に生き 愛に生き”
  ヴェルディ:オペラ「椿姫」より ”乾杯の歌”
で、株主総会の会場が即コンサートホール仕様に作られ、比較的ライブな会場であるので迫力は満点である。

特に見直したのは、エレクトーンが通常のオーケストラに近い迫力で演奏され、トライアングルやシンバルのような音もパーカッションをフルに使いこなして力奏したのが見事だった。
普通のオーケストラと比べると切れという点からしても物足りないのは判るが、たった一台のエレクトーンであれだけの迫力ある演奏は見事で、改めてエレクトーンという楽器を見直した。勿論演奏者の力量によることは言わずもがなのことではあるが。
それにソプラノ、バリトンとも選曲との関係を考えても超迫力で聴衆を魅了した。

|

« プロ野球の統一球問題 | トップページ | 句集「火祭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/57697592

この記事へのトラックバック一覧です: 株主総会:

« プロ野球の統一球問題 | トップページ | 句集「火祭」 »