« 句集「船籍」 | トップページ | 両陛下「あんずの里」ご訪問 »

2013年4月11日 (木)

ヤマハレディースオープン葛城

ゴルフをやらなくなって早10年以上経つ。
ゴルフのTV放映も最近は余り関心が無い。

しかし一つだけ例外がある。嘗て私のホームコ-スの一つだった葛城ゴルフ倶楽部が、毎年4月上旬に行う「ヤマハレディースオープン葛城である。
今年も4月4,5,6,7の4日間熱戦が行われた。しかし私は現地に行く元気はないので、専ら新聞のスポーツ欄と最終日のTV放映によって経過を知った。

何事も、舞台で踊る人とそれを支える舞台裏の人とが居る。
特にゴルフ競技の舞台裏を支える人たちの、気象条件収集・フェアウェーやグリーンの整備・バンカーの整備やラフの草丈・スタート時間の設定やスタート方法の決定・進行速度と対応・選手やマスコミとの対応・表彰を含めた行事の設定・それにギャラリーたちの誘導等々骨身を削るような神経と体力を使う。そんな舞台裏に支えられて競技は行われる。

今年もそんな中で進められたが、特に6,7日は強風に見舞われ、選手も大変だったが舞台裏も大変だったようだ。当日朝の我が家の気圧計は、6日は990hp、7日は982hpを指していた。これは台風並みである。

葛城ゴルフには山名コースと宇刈コースの二つがあり、特に山名コースは難コースと言われ、女子選手で、今年も4日間を通してアンダーパーを出したのは上位16人だけだった。

7日のTV放映を見て、あの強風の中をさすがプロだなと感心させられた。風で曲げられる球道、前に降った雨で固くなったバンカー、グリーンの上には強風で飛んでくる木の葉がパットの線上にまで散り、選手は丹念に拾い上げるがまごまごすると又飛んでくると言う悪条件の中での戦いだった。

結果は昨年7月のプロテストに合格したルーキーの比嘉真美子(19)がプレーオフで大江香織テレサ・ルー(台湾)を下しツアー初優勝、優勝賞金1800万円を獲得した。
比嘉は首位と5打差の12位からスタート、70で回り、この日70の大江、71のルーと通算284(4アンダー)で並んだ。プレーオフは18番ホールで行われたが1ホール目では決着がつかず、2ホール目で比嘉がバーディを奪い2人を退けたが、文字通り死闘を演じた名勝負だった。

プレーオフを戦う前に比嘉は、『昨秋の富士通女子で、優勝争いを意識して普段なら刻まないホールで刻む「守り」の姿勢で失敗した経験から、「今日は絶対に自分を曲げない」と、心に誓ってプレーをした』と比嘉は語った。

日経新聞によると、6位に終った横峯さくらが、『厳しいコンディションの中、2日続けて1ウェーという競技運営に納得がいかない様子で「自然との闘いはわかるけど、(アウト、インスタートの)2ウェーにするとか配慮があってもいいような」と口をとがらせた』と書いている。当日の気象条件もあり、競技運営に就いても色々意見はあろうが、彼女の将来の為にも考えさせられた。

|

« 句集「船籍」 | トップページ | 両陛下「あんずの里」ご訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/57149256

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハレディースオープン葛城:

» 強風の日に思う [変人キャズ]
4月7日は、発達した二つの低気圧に挟まれた影響で、    日本列島は沿岸部を中心に、非常に強い風が吹いた。 北海道斜里町で午後一時過ぎに最大瞬間風速41.6メートルの    強風が吹いたほか、北日本、関東、関西などでも    30メートル以上の風が吹く地点が多くあった。 襲った強風は各地で多大な被害を残して通過した。 三重県で冠水した道路で流された男性が死亡したのをはじめ、    各地で多数の怪我人が出た。 前日から予告されていたことだったから、我が家でも、屋外に    ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月11日 (木) 12時56分

« 句集「船籍」 | トップページ | 両陛下「あんずの里」ご訪問 »