« 白寿翁の句集「白寿」 | トップページ | 続、年々歳々 »

2013年3月 7日 (木)

もっと自然詠を

 四月下旬から五月にかけてドイツへ出張したことがある。現地は寒かった。二、三日前には霙が降ったという。それから僅か一週間経ったら急に温かくなった。

 道路工事夫は半裸体で働いている。その傍らを毛皮のコートを着た女性が歩いている。何とも不思議な光景だが兎に角、冬から一足飛びに夏になった。

 メキシコへ行った時、飲み水は総て買っているのに驚いた。水道があっても飲めないのだ。

 

 それに引替え日本には、明確な四季と美しい自然、そして清冽な水がある。こんな恵まれた自然の中にあって、最近の俳句は、目の前の日常ばかりを詠んでいるものが多い。もっと自然詠があっても良いのだが。 

 

 各俳誌の責任者の中にも同じ意見をお持ちの方が居られるのも事実である。

しかし、そのようなご意見をお持ちの方で且つ、選を為される方が積極的に自然詠を推奨され選をされたら、自ずから流れも変わってくるのではないか。

|

« 白寿翁の句集「白寿」 | トップページ | 続、年々歳々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/56905254

この記事へのトラックバック一覧です: もっと自然詠を:

» 「ダイエット体操」 [変人キャズ]
見るともなしに、テレビを見ていて驚いた。 外出先でのことで、チャンネルも番組名も分からないが、      (恐らく民放の美容体操の番組だと思うのだが)、 しきりに「ダイエット体操」と云う言葉が出てくる。 身体のいろいろな部分の健康維持のための実技指導 をしている場面で、体操の指導者、アナウンサー、受講者などが、 「何番のダイエット体操」、に付いて、どうだ、こうだと話している。 、 私は、ダイエットとは食事制限のことだと理解しているので、         意味が通じなかった...... [続きを読む]

受信: 2013年3月10日 (日) 02時12分

« 白寿翁の句集「白寿」 | トップページ | 続、年々歳々 »