« 青春時代の軌跡 | トップページ | もっと自然詠を »

2013年2月16日 (土)

白寿翁の句集「白寿」

俳誌「馬醉木(あしび)」、「海坂(うなさか)」の各当月集同人である野原春醪氏より、同氏の第7句集「白寿」を頂いた。
著者の野原氏は大正3年(1914)2月生れであるから文字通り白寿である。句集一冊を出すだけでも大変なのに、白寿翁で且つ第7句集とは文字通り超立派である。
Photo馬醉木名誉主宰である水原春郎氏が、帯文に次のように述べている。
大戦を生きて白寿の雑煮かな
春醪さんの生涯を見事に語る句だ。産土を愛し、家族を大切に又友を育み、羽公・瓜人に学んだ俳句を今尚大事に守っている姿を私は敬愛している。白寿おめでとう。』と述べているが、野原氏の総てを語っていると思う。

句集は季節別に並べ、時候・天文・地理・生活・行事・動物・植物の季語別に整理されている。

帯文にもあるように、現在までの自分史を含めて、
   大戦を生きて白寿の雑煮かな
   この雛と生き百年の天寿得し
   晩学にいそしむ障子貼りにけり
ご家族を大切に
   亡き母の編みし腹巻暖かし
   七種や妻の遺愛の籠に摘む
   五人の子みな古希をこゆ福寿草
ご出身の伊吹をはじめ各地名を織り込んだ句が多いのは郷土愛の強い証とお見受けする。
   伊吹嶺の日の膨れ来る初音かな
   秋深し信濃の宿のさくら肉
   宇津ノ谷の風やはらかき冬至梅
自然と真摯に向き合って
   老松に千の芯立つ浮御堂 
   田を植ゑて軒の内まで水明り
   明滅の滅の長さよ秋蛍
各地への吟行句も多く
   春深し奥に灯のある京格子
   日表も日裏も霜の奥伊吹
   明易し枕の下の関ヶ原   

志茂田景樹氏(作家)は、PHP3月号に『生き方を年齢というものさしだけで決めるのはよくありません。「人生いつも今が出発点」』と述べている。又サミュエル・ウルマンの『「青春」という詩』を思い出すが、言うは易く行なうは難しの面もある。文字通り実施している野原氏の生き方に感銘する。

一口に白寿と言っても、この御歳で、このご活躍は特筆に値する。勿論ご家族をはじめ陰で支えてくれる方々がいらっしゃることでしょうが、それにしてもご立派の一語に尽きる。

後に続く者達へ勇気を与え、仄々とした読後感を与えてくれる句集である。

|

« 青春時代の軌跡 | トップページ | もっと自然詠を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/56778437

この記事へのトラックバック一覧です: 白寿翁の句集「白寿」:

« 青春時代の軌跡 | トップページ | もっと自然詠を »