« 人生は道連れ | トップページ | 寿(いのちなが) »

2012年12月 4日 (火)

鴨たつや

俳人協会・俳句文学館発行、平成24年12月の俳句カレンダーに有馬朗人氏の一句が掲載されている。

 鴨たつや影より己ひきちぎ  有馬 朗人

24121_2 和久田隆子氏の解説文がある。

『句集『耳順』所収。昭和62年の作。
 初鴨の浜名湖にご案内した折の、目の前で写生の真髄をご教示頂いたような句である。
 車を降りた先生は、ためらうことなく水際まで足を運ばれ、鴨たちを眺めた。温暖な土地とはいえ、冬の湖風はきつい。コートも羽織らず寒風に佇むその背に、一種の近づき難い気迫を感じた。
 同時作に〈鴨すべる己の影をぶらさげて〉があり、いずれも鴨の影に視点を置かれている。水に浮かぶ鴨は、当然その影を投影している。が、その当然を当然としない視線が凄い。それは作者の深い観察力と精神の在り処で、紛れもなく科学者としての洞察力に繋がる視線に他ならない。 当たり前のものから、当たり前でないものを見出す眼を持ち、当たり前の言葉で表現し、新たな感動を呼び起こす
 対象の凝視から発見に至る大事を教えられた、忘れ得ぬ一句である。(和久田隆子)』

浜松には浜名湖のみならず、佐鳴湖や天竜川をはじめあちこちの川などへも毎年鴨が渡って来る。
 芭蕉に 海暮れて鴨の声ほのかに白し
 丈草に 水底を見て来た顔の小鴨かな
 許六に 明方や城をとりまく鴨の声
がある。
鴨は身近に感じる鳥である。

|

« 人生は道連れ | トップページ | 寿(いのちなが) »

コメント

俳句は人生を一瞬に切る断面図、という言葉を聞いた事がございます。その意味で俳句と写真は同じではないか、と続くのですが、こちらの記事を拝見しながら、ふとそんな事を思い出しました。私は杉田久女が好きでございますが、久女の強さ、厳しさ、真っ直ぐな純粋さが、此方の批評にある俳人の凝視から発見へ至る過程へ繋がっていったのだろうか、等とも思いました。Alps様の記事にも、折々にそんな趣が感じられ、今年も大変含蓄の深い数々の記事を拝読させて戴きまして、誠に有難うございました。
どうぞ来年も宜しくお導き下さいます様、深くお願い申し上げます。暮れも次第に押し詰まって参ります。お早い御挨拶でございますが、お元気で良いお年をお迎え下さいませ。

投稿: Paillette | 2012年12月 9日 (日) 15時31分

Paillette様、ご丁寧なコメントをお寄せ下さいまして有難う御座います。
私も杉田久女の句は好きで、花衣ぬぐや…、谺して…等々もありますが、私の生家は信州ですので、(紫陽花に秋冷いたる信濃かな)なども忘れ難い句です。
有馬朗人氏の句に、
  古日記あの時か我が関ヶ原
にはドキッとしました。こう言われると私の過去にも何度か関ヶ原があったと感慨一入です。
良いお年をお迎え下さい。

投稿: Alps | 2012年12月17日 (月) 14時19分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書 | 2012年12月21日 (金) 14時40分

お待ちしています。

投稿: Alps | 2012年12月23日 (日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/56251217

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨たつや:

» 「世間は狭い」を見て [佐久間象川]
全く思いも掛けない場面で、知人の話題に接した   「世間は狭い」話が晩秋ブログに紹介されている。       :▲世間は狭い:[L-105][12/12/15]、 こうしたことは多くの人が経験していて、 其処に  “不思議”を感じ、超人的な何かの力を感じることがある。... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 02時50分

« 人生は道連れ | トップページ | 寿(いのちなが) »