« 藷掘り | トップページ | 海坂創刊800号記念号 »

2012年10月24日 (水)

新聞の見出し

今年のセ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)は面白かった。

長いペナント・リーグで、2位中日に10.5ゲーム差をつけて圧勝した巨人も、中日との直接対決は11勝10敗3分と5分の戦いだった。

そしてCSのファースト・ステージではペナント・リーグ2位の中日と、3位のヤクルトが戦い、あわやヤクルトが勝ち上がるかと思った第3戦の8回裏に思いもよらぬブランコ選手のグランド・スラムが飛び出して、熾烈な戦いを制した中日がファイナル・ステージへと進んだ。

そしてファイナル・ステージでは、熾烈な戦いを勝ち上がった中日が、その勢いをそのままに3連勝し、巨人は崖っぷちに立った。
私は巨人ファンでも、中日ファンでもないから、この戦いのTV放映は見なかった。結果はTVニュースや、翌日の新聞で知った。

そして運命の第4戦は、巨人が3-1で勝ったことをTVニュースで知り、翌日のスポーツ欄で見た。新聞のスポーツ欄では、

まづ、日経新聞の大見出しは「巨人、息吹き返す」であり、
    静岡新聞の大見出しは「巨人、意地の1勝」とあった。
読売新聞ではないから、両新聞とも公平な立場からの報道であることに間違いはない。
私はこの表現を読んで、同じ戦いを報道する見出しにも随分深さが違うものだなと感じたが、これは個人の感じで感じ方は人夫々である。

因みに、
野手部門の個人成績の欄では、
日経新聞は、打・得・安・点・振・球・犠・盗・失
静岡新聞は、打・安・点・本・打率
とある。静岡新聞の打率とは、このファイナル・シリーズに入ってからの打率にすぎない。それよりはどの選手が有効な活躍をしたかを(数字の上でも)知りたいと思うのが普通だが、それは人夫々である。

投手部門の個人成績の欄では、
日経新聞は、回・打・投・安・振・球・失・責
静岡新聞は、回・打・安・責・防御率
とある。防御率もファイナル・シリーズに入ってからの率で、1イニング投げて自責点1ならば、防御率9.00ということになる。つまらない表示と考えるかどうかは人夫々である。

日経新聞は、ペナント・リーグの報道は紙面の片隅にちまちまと書かれていたが、CSになってからは紙面1ページの40%程度を割いている。静岡新聞も同様に40%強の紙面を割いているのは同じである。

何れにしても大した話題ではないが、なんとなく新聞社の体質がそこはかとなく表れていて野球も面白かったが紙面も面白かった。出来れば他の新聞の報道も比較して読んだらもっと面白いだろう。紙面からどのように感じるか受け取るかは人夫々である。   

|

« 藷掘り | トップページ | 海坂創刊800号記念号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/55960317

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の見出し:

» 大学設置認可問題(1) [二人のピアニストに思う]
大学を開校するには、文科省の認可を受けねばならない。 手続きは、大学を新設しようとする学校法人は、文科省の大学設置・学校法人審議会(以後、設置審と略記)、に内容を提出し、設置審は必要な審査をし、文科相に答申を出す。 今回、設置審が開学認可を答申した3件...... [続きを読む]

受信: 2012年11月 6日 (火) 05時30分

» 大学設置認可問題(2) [二人のピアニストに思う]
前回記事に引き続いて、大学設置設置審が過去にどの様な行為をしてきたか、その実績を今回の記事に紹介する予定で居た。 一般の人達にとっては無縁の事柄だから、前回記事のような書き方をしても、設置審が具体的に何をしてきたか、そしてその存在が如何に国益を損なうも...... [続きを読む]

受信: 2012年11月11日 (日) 05時52分

« 藷掘り | トップページ | 海坂創刊800号記念号 »