« 敬老の日 | トップページ | 俳句添削 »

2012年9月27日 (木)

折鶴

浜松市の奥山に臨済宗大本山方広寺がある。
遠州地方を中心に末寺170寺を持つ臨済宗方広寺派の拠点である。

此処で毎年9月に「奥山方広寺観月の夕べ俳句大会」が開催され今年で6回目になる。このところ「天為」の有馬朗人主宰の講演があり、今年も「中国からきた季語」と題する講演があった。その講演が終ると暫時休憩があってその後俳句大会に移る。

休憩時間中に「白魚火」の仁尾正文主宰が、私の句友であるT君を探していると聞いた。暫くして戻って来たT君にその旨を伝えた。彼は直ぐにそちらへ行き、ややあって戻って来た。

話の内容を聞いてみたら、彼の投句した、
   折鶴の折り目の尖る原爆忌
が、「椎」の九鬼あきゑ主宰の特選に入っていて、九鬼主宰がその作者に会いたいと仁尾主宰に伝えたのが事の次第。

彼の話では、九鬼主宰が、この作品の作者をご自身の眼で確認したかっただけではないかと思ったので、前に宮島へ行く途中、広島の原爆ドームへ寄ったこと、その後も2回ほど原爆忌に合わせて広島へ行ったことなど2,3分立ち話を交わしたという。

私は、「九鬼主宰は自分が採った句に就いて、その作者の意図に就いて少し聞きたかったのではないか」とT君に言った。
T君は、「そうかも知れないが短時間だからどこまで句意に付いて話が出来るかな」と言ったあと、「そうかもしれないな、せめて折鶴の表情から享ける印象、特に折り目の表現と原爆忌との関係に就いて多少の意見を交わすべきだったかな」と言った。

本論から少し外れるが、
本来、鶴はめでたいものとされ、鶴の折り方にもめでたい鶴を際立たせる折り方がある。しかし千羽鶴に使われる鶴の折り方が一般的には知られていて、特に広島の原爆被災者である一女性が必死になって千羽鶴を折った事から平和のシンボルにもなっている。

余談だが私の旧友Y君(国立大名誉教授)から聞いた「ドイツ降伏後の広島原爆投下の前に、ハイゼンベルグからの仁科氏宛他に嵯峨根氏宛もの手紙が、米軍機により広島に投下された。」という事実を反芻する。若しその時点で日本が降伏していたらこんな悲劇は起こらなかったであろうというのは、当時の情勢を知らない者の言で、玉音放送を奪ってまでも本土決戦を叫んでいた先鋭激情軍人群のいたことを思うと身の毛がよだつ。

本論に戻るが、
原爆から享けるイメージの刺々しさを、折鶴の折り目に託して、T君はこの句を作ったという。
この鶴は悲しみとも祈りとも受け取られる鶴に思える。少なくとも翼を広げて大空に羽ばたく鶴ではない。
この句は取り合わせの俳句であるが、折鶴と原爆忌は近いのではないかと言う意見も出そうだが、私は適当な距離で、実感を伴うと感じている。

俳句は一旦発表されると作者の手元を離れて一人歩きする。
九鬼あきゑ主宰の講評に就いて、「私が意図していた内容より折り目の表現を含めて、遥かに深く掘り下げて解釈して下さったことに感謝したい」と、T君は語っていた。

|

« 敬老の日 | トップページ | 俳句添削 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/55752758

この記事へのトラックバック一覧です: 折鶴:

» 終戦秘話への推理 [佐久間象川]
8月15日、第67回終戦記念日のテレビで、NHKスペシャルは、 「終戦、なぜ早く決められなかったのか」、を放送した。 従来全く知られていなかった新事実が含まれていた。 ロンドンの国立公文書館で、終戦直前に在外日本武官が   発信した電文が発見された、というのだ。 1945年5月に、リスボンの陸軍武官から、      6月に、ベルンの海軍武官から、 「7月までに戦争終結せぬとソ連が対日戦に参加する」、と    ヤルタ会談で米英ソの密約が交わされた、    という内容の発信が...... [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 00時56分

» 広島原爆60周年(1) [二人のピアニストに思う]
★原爆60周年である。 変人キャズ氏の「人類滅亡論[3]自然科学の進歩による滅亡」 に、広島原爆投下に絡む非常に重大な事実、しかも従来報道されてない事が紹介されている。 変人キャズ氏はこの話を何人かの身近な人に話した時に、自身よりもほんの少し若い人達が、当時...... [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 01時20分

» 事故の「日本文化原因説」 [変人キャズ]
2012/7/24 の毎日新聞のコラムに、青野由利が      書いているので知ったことがある。 五日に公表された原発事故の、国会事故調査委員会の    報告は、海外と日本のメデイアで取上げ方が相違し、 それには理由があるのだそうだ。... [続きを読む]

受信: 2012年9月30日 (日) 04時27分

« 敬老の日 | トップページ | 俳句添削 »