« ブナ原生林 | トップページ | 栗林・今井顕彰碑 »

2012年6月30日 (土)

株主総会

Y社の第188期株主総会が済んだ。今年は各社の業績低迷の中での株主総会が多かった。Y社の総会の詳細は専門経済紙または地方紙に詳述されている。

総会終了後、例年のようにミニ・コンサートが開かれた。須藤千春さんのピアノ、寺下真理子さんのヴァイオリンで聴き応えがあった。

特に今年の注目点はピアノとヴァイオリンそのもので、

ピアノはY社が買収したオーストリアの名門であるベーゼンドルファー社製のフルコンで大屋根の内部にグスタフ・クリムトの名画「接吻」が金箔を施した職人芸で装飾されている。
1 Fcjpg_2 世界限定25台の内の1台で、譜面台と脚部分にはクリムト絵画の有機的曲線をモチーフした金箔の描画がある。

2012年はオーストリアを代表する画家グスタフ・クリムト(1862~1918)の生誕150年にあたる。

男女の愛の形を象徴的に表現した、クリムトの最高傑作「接吻」。黄金のオーナメントで美しく装飾されたこの絵画は当時の美術界を席巻し一世を風靡した。また現代美術という新たな世界の到来を告げた革新的な作品であると言われている。写真はそのフルコンとクリムトの作品を示す(写真は何れもクリックで拡大します)。

ヴァイオリンはY社独自に開発されたもので、商品名はアルティーダ。豊富な音量と丸みを帯びたエレガントな音色はさすがと思わせた。

ベーゼンドルファー社製のピアノとY社製のヴァイオリンを駆使した、二人の演奏家による共演も見事で、短時間の演奏ながら聴き応えがあった。

|

« ブナ原生林 | トップページ | 栗林・今井顕彰碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/55080123

この記事へのトラックバック一覧です: 株主総会:

« ブナ原生林 | トップページ | 栗林・今井顕彰碑 »