« 遊行柳(ゆぎょうやなぎ) | トップページ | ブナ原生林 »

2012年6月23日 (土)

芦野の田植祭

第30回柳まつり全国俳句大会」の開会に先立ち、
那須町芦野指定史跡・遊行柳近傍の、遊行庵前の水田で「田植祭」があり、農耕馬の代掻き早乙女が登場する昔ながらの田植え風景が再現された。
Photo_4

 遊行柳は、奥の細道行脚で訪れた松尾芭蕉が「田一枚植ゑて立ち去る柳かな」の句を詠んだ場所。祭は、柳と句碑のある芦野地域の活性化にと「芦野の里づくり委員会」が10年前から主催。昨年は東日本大震災で中止された。

 地区の渋井弘さん(67)が所有する農耕馬が馬鍬(まぐわ)を引いて広さ約150平方メートルの田んぼの代掻きをした。

Photo_3 根本キヨさん(86)が田植え唄を歌う中、8人の婦人たちが絣(かすり)の着物に赤タスキ姿の早乙女に扮(ふん)して苗を植えた。(文の一部毎日新聞より引用)

昔ながらの田植え風景は懐かしく、機械化された現代からは忘れ去られた風景が再現され子供の頃のことを思い出した。

|

« 遊行柳(ゆぎょうやなぎ) | トップページ | ブナ原生林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/55035602

この記事へのトラックバック一覧です: 芦野の田植祭:

« 遊行柳(ゆぎょうやなぎ) | トップページ | ブナ原生林 »