« 医師の一言 | トップページ | 原発問題に絡む或る交信 »

2012年4月30日 (月)

相良草競馬

4月29日(日・祝)10:00~、牧之原市相良(さがら)で『第36回さがら草競馬大会』が行われた。日本で唯一、砂浜で行なわれる草競馬である
午前中が予選5レース、午後には決勝5レースで、最終レースは「牧之原市観光協会長レ-ス」となる。
草競馬」とは「公認競馬に対して、農村などで行われる小規模の競馬」と辞書にはある。草競馬は長野県や、宮崎県などでも行われているが、砂浜で行われるのは、この相良だけで、矢張り草競馬という言葉から受ける印象より「浜競馬」の印象の方が遥かに強く感じる。

相良サンビーチが、馬場となり、かつて中央、地方競馬などで活躍し第一線を退いたサラブレッドなど39頭が人馬一体となって一周500mの特設馬場を疾走。
砂煙を巻き上げながら周回し、現役時代を彷彿とさせる力強い走りを繰り広げた。

Img_3019_2 会場は青空が広がり、絶好の行楽日和に恵まれ、観客からは熱い声援が送られた。
子供らのポニーレースにも盛んな応援の声が飛び、楽しい雰囲気を盛り上げた。

砂浜に竹竿を立て、綱を張って作った特設馬場の背後は駿河湾で、遥か水平線まで一望できる。
折しもコンテナ船が御前崎港へ向かって進んでおり、又手前にはヨットを楽しんでいる光景が広がっていた。
Img_2979_2 Img_2990_2

因みに牧之原市観光協会の観光ガイドによる牧之原市の歴史的背景の解説には次のように記述されている。

『【城下町・相良】
1576(天正4)年、武田勝頼が相良湊に相良城を築城(城跡は相良小学校・相良中学校一帯)。その後、家康が相良御殿として鷹狩りの基地に用いている。
1710(宝永7)年、本多忠晴が三河国伊保藩から1万5000石で入部して誕生したのが遠州・相良藩。
田沼意次の治世に2万石の大名となり、相良城の近世的な城郭は1778(安永7)年に完成している。
第9代将軍・徳川家重のもとで頭角を現わした田沼意次は、相良藩主時代に出世し、いわゆる田沼時代を築いている。藤枝と相良を結ぶ街道は、田沼意次の治世時代に整備拡充が図られ、田沼街道と呼ばれている。譜代の大名が藩主となったのは、遠州の湊という重要性から。城下の風情はあまり残されていないが、片浜地区には往時の街道の面影も残されている。相良という地名の由来は定かでないが、沢河原(礫のある河口)といわれている。映画『ウォーターボーイズ』のロケ地としても有名だ。』

俳誌SのN主宰が、俳句文学館(2012/4/5号)の春夏秋冬欄に、『草競馬は地元新聞社刊の歳時記に出ているだけである。群馬県吾妻地方の「吹越」や浜松地方の「ひよんどり」が多くの俳人に詠まれ、例句に相応しい秀句を得て定着した。言葉の響きも良く楽しい「草競馬」もそうなって欲しい。』と述べているが「草競馬」でも「浜競馬」でも良いと思う。

参考に、競馬の雰囲気がよく出ている静岡新聞社の浜競馬の写真を引用する。
1

|

« 医師の一言 | トップページ | 原発問題に絡む或る交信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/54593214

この記事へのトラックバック一覧です: 相良草競馬:

« 医師の一言 | トップページ | 原発問題に絡む或る交信 »