« 自然愛 | トップページ | 「遠州のしなの」に想う »

2012年2月29日 (水)

閏日に雪を思う

今日は閏日。一日得をしたと思う人もそうでない人もいると思う。
     一日を得せり閏二月尽
と、詠んだ俳人もいる。
当然明日からは3月になると言うのに、各地で大雪警報が発令されている。静岡県小山町にも大雪警報が出されている。

そう言えば浜松でも今年の2月2日は大雪だった。
浜松に住んでから半世紀以上も経っているのにこれほどの雪に会ったことはない。と言っても高々5、6cm程度のことだが。それでも車のスリップ事故がかなりあったと聞く。

豪雪地帯に住んでみないと雪の本当のご苦労は判らないが、TV等を見て推測は出来る。
私の生家は今の長野市だが、此処はそれほど雪は深くないが寒さは厳しい。

旧制中学に通っていた時分は「一茶の里」の柏原から汽車で通勤していた友もいた。あれからもう70年になる。当時の柏原は信越線で、長野から吉田、豊野、牟礼、古間、柏原と5駅北にあり、その地は日本でも有数の豪雪地帯で、一里一尺といって北へ1里行けば1尺雪が深くなると言われた。汽車通の友も大変だったと思うが、私のような自転車通も大変だった。

昔に比べると現在は雪が少なくなったようだ。当時は一夜明けたら30cm程積もっていたこともある。学校までは4km以上ある。今のような車社会ではないし、バスなど何本もない時代だったから朝早く出かけないと遅刻する。夜半に雪のひどく降った翌朝はいつもよりかなり早く家を出た。
その時間帯は工機部等に早出する人の踏んだ長靴の跡しかない。深さ30cmの雪道を、その踏み跡を辿って自転車で行くのは経験したものでないとわからない。市街に出る迄の約1kmは雪との悪戦苦闘だった。転んでは起き、起きては転び全身雪ダルマのようになってそれでも遅刻せずに学校まで辿り着いた。
辛いと思ったことはあるが、そのために休んだことはない。今とは交通事情も気象条件も変わっていたし何より、教育制度が違っていた。
昔に比べると物的環境は遥かによくなっている現在、単純に比較できる問題ではないが、登校拒否を始め色々考えさせられる問題が多い。

|

« 自然愛 | トップページ | 「遠州のしなの」に想う »

コメント

私も家から長野中学までは4km位は有ったのだから当然、辛い思いをしたことも有るはずだが、すっかり忘れている。 剣道部員だったので寒稽古の期間は一般の生徒よりも早朝に登校し、真冬の零下何度という気温の、まだ暗い雪道を行く。 辛かった筈だが、その記憶を完全喪失している。 ただ、今にして思えば早朝に私を送り出す父母はさぞかし辛かったろうと想像する。 それと同時に、現在も周りの人達のように暑いの寒いのと言わずに健康に過ごして居られるのも、80歳をとうに超えているのに、週に何度もダンスを踊って居られるのも、あの頃の貯金があるからなのだろう。 そうそう、思い出した。・・・登校の途中で忘れ物に気付いた中学生が自宅に引き返すのに出会った場面が時折有ったし、自分もそれを経験したが、あの時は辛かった。 学校が目前という所まで来て、忘れ物のために引き返す辛さは、しかし、これも成人して以後のある種の用心深さを養うのに役立ったかも知れない。 それらを考えると、学校教育とは、教室の中だけではないのだな、と思う。

投稿: 浦島一夫 | 2012年3月 2日 (金) 02時45分

嘗て原節子主演の「わが青春に悔いなし」という映画を見たことがある。あんな生き方を羨ましいと思った。
コメントを拝見して、浦島さんの青春もそんな青春だったに違いないことを行間から読み取れる。
我々の青春時代は、戦中とはいえ今から考えると輝いていたように思う。
そんなことを思うのは歳をとったせいでもあるが、過去の事実が今に生きているのは、そのような経験をしてきた者の特権と思っている。

投稿: Alps | 2012年3月 3日 (土) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/54104719

この記事へのトラックバック一覧です: 閏日に雪を思う:

« 自然愛 | トップページ | 「遠州のしなの」に想う »