« 今も残る民族の病 | トップページ | 雪形 »

2012年1月29日 (日)

わりのあわない世代

1976年1月3日付けの朝日新聞のコラムに、むのたけじ 今も残る民族の病」 が掲載されたが、その翌日(1976/1/4)、同紙・同欄に、中村武志 「わりのあわない世代」が掲載されていた。

中村 武志は、長野県東筑摩郡片丘村(現・塩尻市)出身。
旧制松本中学校(現・松本深志高校)卒業後、国鉄(当時は鉄道省)に就職。以降、1964年に定年退職するまで国鉄に勤務する。在職しながら法政大学高等師範科を卒業している。
1933年頃、中村はすでに内田百閒をまねた随筆を国鉄の社内報に書き始めていた。戦後の1951年、「埋草随筆」を自費出版した折には百閒に頼み込んで序文を書いてもらっている。1954年に出版した「小説サラリーマン目白三平」がヒットし、以後シリーズ化し、1955年には映画化もされた(wikipedia)。』

その中村武志は、
『信州のいなかで、おやじはいばっていた。おかずの魚でもおやじはお頭つき。子どもはその半分だった。だから早く自分もおやじになろうと思った。戦中も戦後も妻子のためにひたすら働いた。耐えた。それがどうだ。いま父親の権威はない。家庭はばらばらになっている。国鉄時代に「死にたい」ともらした同僚がいた。思えば今老いていく私たちは割りのあわない世代である。』と、書いている。

あれから30余年経つ。記事はマイナーな面を殊更強調している面もあるが、時代が変わり世相が変わっても、現代世相の一端を表している記事と言えないだろうか。
今も記憶に残っている記事の一つである。

|

« 今も残る民族の病 | トップページ | 雪形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/53850570

この記事へのトラックバック一覧です: わりのあわない世代:

« 今も残る民族の病 | トップページ | 雪形 »