« 聖者は痩せて | トップページ | 生涯の一句 »

2011年12月23日 (金)

俳句「新年詠」

角川学芸出版から出ている俳誌「俳句」の1月号には、毎年「新年詠」に就いて特集が組まれている。昨日の夕方届いた2012年1月号にも例年のように特集が組まれている。
Img_2545

本来ならじっくりと味わうべきだが、取り敢えず表面づらだけ読み過ごした。そのなかで、何かひっかかった句を取り上げる。後刻又、精読したら別稿で書く心算だ。

新年詠の、「初句会にこの一句」の欄で、辻恵美子氏が『作句の心構えとして、日常にあっては旅にあるごとく心を奮い、旅にあっては日常のごとく心を鎮めるのがよいわけで、新年詠は、新年らしく作らないのがいいといえる。』として例句を挙げている。
これは同誌10月号に、橋本榮治氏が「吟行の心構え」の中で『徒に美しい風景ばかりに目を向けず、其処に生涯住み着くことになったらどうだろうか、と考えてみることだ。つまり、他郷を故郷のごとく、逆に又故郷にあっては、時に他郷のおもいをこめて四時見慣れた風景を改めて見直してみることである。』と言っていたのに符合する。

   正月やいろはに散りて庭すずめ   鷹羽狩行
   数の子を埋蔵金のごとく出す     鷹羽狩行
   賀状書くことなくなりていくとせぞ   鷹羽狩行
   あきらかに過ぎし日重ね去年今年  稲畑汀子
   古日記あの時か我が関ヶ原      有馬明人
       この句を読んで胸が熱くなった、私にも同じ想いがある。
   したためし一字にはかに初昔     有馬明人
   初稽古身体髪膚祖(おや)に受け   深見けん二
   神よりも釈迦なつかしむ竜の玉    神蔵器
   露の世に生れて逢ひし雪女      真鍋呉夫
   手毬つく日露の役はよく弾み      八田木枯
   円空の道はせを道恵方道      黒田杏子
   行間に心溢れて初便         千原叡子
   鏡餅昔電話は玄関に         小川軽舟
 今ではどの家庭にも電話があるし、携帯電話も普及しているが、掲句の時代は、電話を持っている家庭は少なく、そして決まって玄関に置いてあった。今から考えると可笑しなことだが、私の家の電話も引いた当時は玄関に置いてあった。今のように長電話することも無く用件だけを手際よく話して済ませたからそんな場所でも良かったのだろう。懐かしさを想い起してくれる句である。
   その人のことには触れず年忘れ   片山由美子 
   みちのくや上りつめたる後の月    大峯あきら

冒頭述べたように、字面を追って読み進めなぞった句で、自分の生きてきた経歴、生きてきた時代背景をフィルターとして抜書きしたもので他意はない。
昨日は冬至。今日から昼の時間が長くなる。

|

« 聖者は痩せて | トップページ | 生涯の一句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/53548335

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句「新年詠」:

« 聖者は痩せて | トップページ | 生涯の一句 »