« 二人三脚 | トップページ | 聖者は痩せて »

2011年11月30日 (水)

自註句集「青木華都子集」

俳誌・白魚火(しらをび)副主宰である青木華都子さんから、句集「青木華都子集」(自註現代俳句シリーズ・1150、俳人協会刊)を頂いた。

Photo 著者の「あとがき」に、『この自註句集は昭和58年から平成22年までの作品から300句抄出した。縁あって「白魚火」に入会した時期と栃木県日・韓女性親善協会を設立した時期と同じ年であり感慨深く、私の第二句集にも記したが「二兎を追うものは一兎をも得ず」と言われるが、あえて二兎を追うことにした。そのことにより新たな緊張感が私の気持をかき立てたのである。家族のこと、誌友のこと、韓国のことなど今まで歩んで来た、さまざまな思い出がほうふつとしてよみがえり、俳句に、そして日・韓親善に新たな一歩を踏み出すことができた。』とある。

「白魚火」副主宰という重責を負いながら、且つ年に2回以上韓国を訪問し、日韓親善の役目を果たし、時には日韓の通訳まで果すという活動家である。句にもさりげなくその状況が詠われている。

句集は、著者自選300句に自註を付したもので、配列はおおよそ年代順となっている。

 

 自然のものには心の中の想いをめぐらせ

  萩咲くや少し歪みし長屋門

  大銀杏一糸纏はず冬に入る

  一つ咲き一つが終る野甘草

  一花二花あとは蕾の夏椿

  手にのせてより密かめく落し文

  どの足も休まず百足歩くかな

  一塊の石にも霊気青すすき

  色即是空空即是色筆始

  また一つ消ゆる村の名麦青む

  酒蔵は女人禁制木々芽吹く

  呪文解くやうに一輪梅ひらく

  味噌樽の箍締め直す十二月

 人には自然を配し

  空鋏鳴らして始む松手入

  蛙に目貸して一駅だけの旅

  手つかづの稿そのままに桜の夜

  ペン持ちしままのうたた寝山笑ふ

  遠霞知覧に少年兵の遺書

 韓国との親善関係の活動も活発に

  秋惜しむ膝立て座るチマチョゴリ

  日本を離れてよりの秋思かな

  ハングル語すらすら話し小六月

  衛兵の直立不動いちやう散る

  着せられて意外に涼しチマチョゴリ

地方色も濃く滲んで

  一切を拒み華厳の滝氷る

  命灯を入れて練り出すねぷたかな

  蹴轆轤を休め益子の秋深む

  御成り坂涼しき杉の五千本

  すくと立つ吹雪の中の太郎杉

  浜名湖の旅の土産の白鰻

 女丈夫ぶり躍如、そんな女丈夫に思わぬ敵も

   杉花粉よく飛ぶ日なりねむり猫

   ごり押しの効かぬ齢やかき氷

   当選の胸に真つ赤な冬薔薇

   胴上げをされ冬天を掴みたる

 活動家も生身の人間、時には怪我をすることだって

  松葉杖ついていつもと違ふ秋

   秋晴や杖を忘るるほどに癒ゆ

   痛い指脈打つてゐて明易し

   生え変る爪もも色や冬間近か

家族のことをしみじみと詠んで

   夫と子の男の会話お元日

   春浅し子に一通のラブレター

   紅葉狩り夫とは他人顔をして

   父の忌が近づく庭の梅ひらく

   夫の座の左右に子の座お元日

   花寒しすぐに眠つてしまふ母

   母よりと分る名無しの年賀状

     

二兎を追って二兎を得た女史の面目躍如たるものがある。
勇気と仄々とした読後感を頂いた。

|

« 二人三脚 | トップページ | 聖者は痩せて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/53341103

この記事へのトラックバック一覧です: 自註句集「青木華都子集」:

« 二人三脚 | トップページ | 聖者は痩せて »