« 台風15号 | トップページ | 金木犀 »

2011年10月 3日 (月)

ウッド・ギャラリー

我が家の近傍にウッド・ギャラリーなる展示場が開設された。この展示場はK建設が開設したもので、むく材(合板等のようなものではなく、完全な一枚板)各種と一部テーブルやデスク等の製品を展示し、お客の注文に応じて、それらの素材を使った製品を作りましょうという展示場兼受注場である。(写真は何れもクリックで拡大します)Img_2393 展示場内には、各種むく材が並べて立てかけられ、お客の好みで選択できるようになっている。この種の素材に興味のある向きには、垂涎の材が適正な価格で展示されている。
Img_2395_2 Img_2394
写真左は、むく材の展示風景。因みに展示されている材は、けやき・たも・なら・とち・くす・まつ・つが・すぎ・イロコ(アフリカチーク)・アパン(カメルーン)・パドック(カメルーン)等で何れも木目や色調等素晴らしい。写真右は、モンキーポット(日立の宣伝にある、此の木何の木といわれている木)を輪切りにした丸座卓で脚は客の好みによって高さも形も変えられる。

私がY社に在籍中、木材の購入から、製材・乾燥・木取り・合板等の最初の工程から機械加工部門までの木材部門を受け持ったことがある。
当時のY社の製品には多量の木材が使われていて年間、ン万立法メートルが使用されていた。其の種類も多種多様で、原木・板材・合板・木取り材・パーチクルボード、それに各種化粧材や化粧単板等々、日本は勿論世界各地から集められた。
特に多く使われたものは記憶にあるものだけ挙げてみても、ブナ、楓、スプルース等を主体とする木材や、化粧材では、オーク・ウォールナット・チーク・マホガニー・ローズ・ジャカランダ・ソノケリン・サペリ・マトア・シカモア等々多種で、今では貴重材と言われる材も揃えていた。

其の加工技術も業界では有名で、コンピューター制御の乾燥技術と相俟って、最高歩留まりを求める製材・木取り・合板加工技術や、特に部品加工に於ける機械加工技術では、±0.05mmの精度を確保する技術を確立したことは、当時の木材加工技術業界としても画期的だった。

当時から随分年数が経った。Y社もいつの間にかエレクトロニクス製品にシフトする様になり、製品も多様化するとともに、使用材料も次第に木材からプラスチックや金属材料に特化するようになり、伴って木材の使用量も激減した。そんな経緯もあって業務内容も木材部門から次第にエレクトロニクス部門へとシフトした。
然し矢張り良い木工製品に会うと、なんとなく興味が惹かれるし特にむく材の木目・色調等には木材特有の温もりがある。
そんな時に近傍に開設されたウッド・ギャラリーには特別な興味と親しみを覚える。

|

« 台風15号 | トップページ | 金木犀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/52898735

この記事へのトラックバック一覧です: ウッド・ギャラリー:

« 台風15号 | トップページ | 金木犀 »