« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月10日 (月)

「天下の三長中」こぼれ話

この間、さる会場でM氏と会った時、こんな小文がありますよと披露されたのがタイトルの文章である。

著者は戸谷邦弘氏でその中から抜粋すると、

『クリント・イーストウッド監督の映画「父親たちの星条旗」、「琉黄島からの手紙」で琉黄島の名前が広まり、栗林忠道中将(後、大将)の名が多くの人に知られるようになった。映画公開中、読売新聞(平成19年1月14日付)の編集手帳に次のような記事が掲載されていた。
「(前略)栗林中将は旧制長野中学の出身だ。連合艦隊司令長官を務めた山本五十六海軍大将は、旧制長岡中学を出た。そんなことから、昭和10年代の一時期の、狭い関係者の間でのことだろうが、「天下の三長中」と言われたりもしたという。「長」のつくもう一つの旧制中学の名前に就いては未確認だが、当時はどこの学校でも軍人として栄達した卒業生を誉れとし、現役生にも後に続くよう鼓舞するような空気があったのかもしれない。(後略)」』とあり、

『この記事に大変興味を持った私(戸谷氏)はいろいろと調べてみた。「天下の三長中」のうち二つは長野中学と長岡中学だが、もう一つがどこの中学かわからなかった。その後、この記事の筆者が長野高校の卒業生で、「天下の三長中」は在学時の国語教師の発言だったと記憶していたことが判明した。この事実を確認したい好奇心から今次大戦の名立たる人物をさがしてみたが、該当する人物は見当たらなかった。やむを得ず「長」の字のつく旧制中学を調べていると、旧制長崎中学の前身校で修学した日露戦役の軍神、橘周太中佐を発見した。戦歴はもとより人格者としても傑出しており、郷里の長崎県千々石町に銅像が建立され、昭和15年には橘中佐を祀る橘神社が創建されている。
以上のように、全国的に「三長中」と称されたかどうかは確認できなかったが、それぞれの地域では後進鼓舞の意もあり、話題にされたのでしょう。』と、書かれている。

当時の時代や世相を考えると、戦意高揚の意味からも、そのような表現や働き掛けのあったであろうことは、我々戦中派には容易に想像できるが、いずれにしても忘却の彼方へ消え去ろうとしている歴史の一齣を垣間見た想いがした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年10月 6日 (木)

金木犀

今年は例年より早く9月下旬から金木犀が咲いた。通常概念からすると当たり前の自然現象だが、家の近辺で9月から金木犀の芳香が匂うのは珍しい。
今年は例年と何かが違う感じがする。(写真はクリックで拡大します)
Photo Img_2422
庭師の技量にもよるが、今年の花の付き具合は将に、ビッシリという感じだ。それだけに香りも又素晴らしく我が家は今、芳香に包まれている。
Img_2403 Img_2404
中国原産の常緑樹で、もくせいと呼ぶのは幹の模様が犀の皮に似ているためである。
   夜霧とも木犀の香の行方とも     中村 汀女
   浴後また木犀の香を浴びにけり  相生垣瓜人
   身の饐えるまで木犀の香に遊ぶ  鷹羽 狩行

星野富弘氏のカレンダーにも今年は金木犀が登場した。
Photo_3 氏は群馬大卒業後、中学校教諭としてクラブ活動指導中に頸髄を損傷し手足の自由を失った。
入院中の72年から筆を口にくわえ文や絵を描き始めた(静岡新聞)。

氏が頸髄損傷後、始めて文字が書けるようになってから、今年で40年になる。

この間独自の詩画の世界を作り上げ、創作活動を通じて自然を見つめ、家族を見つめ、社会を見つめてきた。65歳になる現在もなお、意欲的に制作を続けている。

金木犀の香に包まれながら、ふと星野富弘氏のカレンダーの挿絵を見て、失望のどん底から這い上がってきたであろう氏の姿と、金木犀の芳香とを重ね合わせた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

ウッド・ギャラリー

我が家の近傍にウッド・ギャラリーなる展示場が開設された。この展示場はK建設が開設したもので、むく材(合板等のようなものではなく、完全な一枚板)各種と一部テーブルやデスク等の製品を展示し、お客の注文に応じて、それらの素材を使った製品を作りましょうという展示場兼受注場である。(写真は何れもクリックで拡大します)Img_2393 展示場内には、各種むく材が並べて立てかけられ、お客の好みで選択できるようになっている。この種の素材に興味のある向きには、垂涎の材が適正な価格で展示されている。
Img_2395_2 Img_2394
写真左は、むく材の展示風景。因みに展示されている材は、けやき・たも・なら・とち・くす・まつ・つが・すぎ・イロコ(アフリカチーク)・アパン(カメルーン)・パドック(カメルーン)等で何れも木目や色調等素晴らしい。写真右は、モンキーポット(日立の宣伝にある、此の木何の木といわれている木)を輪切りにした丸座卓で脚は客の好みによって高さも形も変えられる。

私がY社に在籍中、木材の購入から、製材・乾燥・木取り・合板等の最初の工程から機械加工部門までの木材部門を受け持ったことがある。
当時のY社の製品には多量の木材が使われていて年間、ン万立法メートルが使用されていた。其の種類も多種多様で、原木・板材・合板・木取り材・パーチクルボード、それに各種化粧材や化粧単板等々、日本は勿論世界各地から集められた。
特に多く使われたものは記憶にあるものだけ挙げてみても、ブナ、楓、スプルース等を主体とする木材や、化粧材では、オーク・ウォールナット・チーク・マホガニー・ローズ・ジャカランダ・ソノケリン・サペリ・マトア・シカモア等々多種で、今では貴重材と言われる材も揃えていた。

其の加工技術も業界では有名で、コンピューター制御の乾燥技術と相俟って、最高歩留まりを求める製材・木取り・合板加工技術や、特に部品加工に於ける機械加工技術では、±0.05mmの精度を確保する技術を確立したことは、当時の木材加工技術業界としても画期的だった。

当時から随分年数が経った。Y社もいつの間にかエレクトロニクス製品にシフトする様になり、製品も多様化するとともに、使用材料も次第に木材からプラスチックや金属材料に特化するようになり、伴って木材の使用量も激減した。そんな経緯もあって業務内容も木材部門から次第にエレクトロニクス部門へとシフトした。
然し矢張り良い木工製品に会うと、なんとなく興味が惹かれるし特にむく材の木目・色調等には木材特有の温もりがある。
そんな時に近傍に開設されたウッド・ギャラリーには特別な興味と親しみを覚える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »