« 犬山城 | トップページ | シャーロック・ホームズ像野外彫刻 »

2011年6月30日 (木)

句集「春潮」

「馬酔木」「海坂」同人の、間宮あや子さんから句集「春潮」を頂いた。

「あとがき」で著者が記しているように、句集名春潮は水原春郎馬酔木主宰が新人賞予選句に取り上げた、
   春潮や力を抜けば生きやすく
から採られたもの。天竜川河口近くに住み海濤音を聞いて育った著者の環境が偲ばれる。Photo
俳句には著者の人間性がそこはかとなく滲み出るものである。
家族のこと、恩師や友人のこと、生活や旅のこと、自然や人間自身のこと等々本句集を読んでその想いを深くする。

作句と選句は表芸、論評は裏芸と言われる。
筆者のような、浅学非才の身が、論評したり、選句したりするのは憚られるが、敢えて、独断と偏見を交えて取り上げさせて頂く。

主題(焦点)と表現、季語と取り合わせ、そして俳句の深みと言った観点からすると、焦点がきっちりとしているので句に揺るぎがない。洗練された言葉と表現、滑らかなリズム感、歴史や文化を踏まえた表現等々に句の深みを感じる。

句集は、銀の匙・桐の花・漁火・福達磨・鯛焼・形代・初芝居の7章からなり、計392句が納められている

家族を詠った句が多く、特に母上との血の通った句が目を引く、
  初春や離乳始まる銀の匙
  頼りたき母に頼られ夏逝きぬ
  冬ごもる母にすさびの毛糸買ふ
  装ひて目立たぬ母の花衣
  着ぶくれて母に失せざる負け嫌ひ
  逆縁も老いれば淡し魂迎
  初日記母ある限り命惜し
  曝書して子の青春を垣間見し
  振り返るかに形代の流れけり
母上を亡くされた後、漸く生活にも落ち着きが戻ってきて、
  独り居も過し上手となりて春
  迎へしも送るも一人門火焚く
  鯛焼の一つが言へず三つ買ふ
  春潮や力を抜けば生きやすく
自然や人間自身を見つめて、
  引潮や日の晒しゆく蜷の道
  火伏護符古りし窯場や下萌えて
  決断と言ふもひそやか松の芯
  花尋めて深入りしたる真葛原
  湿原の風の錆びゆく桷の枯れ
  登りつめ己れ揉みあふ藪からし
  青葉木菟鳴くたび月の濃くなりぬ
  さりげなき一語のぬくみ葛湯吹く
自分史を築きながら真摯に生きて、
  木枯や何にともなく身構へて
  寒九の水飲みて弱気を封じたる
  駆け抜けし月日の嵩や古暦
  ほどほどの思案にほどく懐手
  遺すものなき身軽さや葛桜
恩師や友人との関わりも深く、
  笑むのみの病臥の友や鳥渡る
  葛切や師に終生の京なまり
  牡丹鍋師弟の垣の高からず
  手を握るのみの見舞や遠蛙
世界遺産研究会にも長年加わって、海外詠も含めて旅吟も多く、
  手織機ひびく遅日の飛騨格子
  春聯や雑踏に吹く朝の粥
  南十字星夜凉に兆す旅愁なり
  中原の空けぶらせて麦焼く火
  大の字の撥ねきつちりと大文字
  数珠玉や島の起伏に馬柵の沿ひ
  安曇野の水の高鳴る旧端午
巧みな表現方法は著者の感性によるものか、
  如月の崎の風揉むフェニックス
  一乗谷春雪の空定めなき
  蝶あまた草に溺るる夏野かな
  休暇果つすでに翳持つ少年期
  巻藁のぬくみほどきて苗木植う
  噛み合はぬ思ひかきまぜ氷水
  網繕ふ指に春光捌きつつ
  大根引地軸の暗さ覗きけり
  豆稲架のつぶやき止まぬ日和かな
  涅槃図や慟哭固く巻かれたる

挙げ始めたら切がない。あや子さんの人生の一端を垣間見る想いがする。自分を見失うことなく心豊かな日々をこれからも送って下さい。
爽やかな読後感を頂いた。 

|

« 犬山城 | トップページ | シャーロック・ホームズ像野外彫刻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/52083983

この記事へのトラックバック一覧です: 句集「春潮」:

« 犬山城 | トップページ | シャーロック・ホームズ像野外彫刻 »