« 危機にこそ詩歌(2) | トップページ | 分去れ(わかされ)の道標 »

2011年5月31日 (火)

羊も衣替

5月20日は所用の為早い朝食を摂っていた。
見るともなく見ていたTVで今日、動物園で羊の毛を刈るイヴェントがあると言っていた。実は2年前に同じ動物園で羊の毛刈りを見たことがある。

用を早々に済ませた後、動物園へ行く。イヴェントの行われる「ふれ合い広場」は入口から入って一番奥にあり結構な距離がある。園内に特別な乗り物はないので歩く以外に方法はない。

見学に幼稚園児も来ていたし、報道関係者も来ていた。10時から始まる。
前回と同様に、英国原産のサフォーク種「ベス・雌9歳」「ヒカル・雄9歳」「モカ・雌6歳」の3頭の毛を刈る。
Img_1657 写真はモカの毛刈りで4人がかりでの作業。前足、後足、首に夫々1人づつ付いて押さえ込み、1人が専用バリカンで刈り込む。緊張気味の羊もバリカンが入ると観念したのかおとなしくなり、40分ほどで1頭を刈り終える。

カットの済んだ羊は、押さえられていた手を離すと脱兎のように逃げ出す。
   刈り終へし羊脱兎のごとく去ぬ
そして後はすっきりと夏型に衣替えして気分も良さそうに他の山羊の方へ行ったりして、すっかりリラックスしたように見える。
Img_1681 Img_1683
俳句でも「羊の毛刈る」「羊剪毛」等が晩春の季語となっている。

ふれあい広場への道を、園内を見ながら歩くと、家族ずれなどがあちこちに来ているものの昔のような賑わいがなく、これでは採算が合わないのではないかと思った。

5,6年前に北海道へ行った時に旭山動物園を見たことがある。あの時の賑わいから見るとこの動物園は全く閑散としているといってよい。旭山動物園にはお客をひきつける仕組みが工夫されていたしそれだけに動物との肌のぬくもりを感じさせる配置がなされている。

最近の若者の時間の過ごし方を見ていると動物園経営も段々難しくなっていることがうなづけるが、それだけに、ドラッカーの言う「顧客の創造」が切実な課題である事がわかる。
今日で5月も終わる。

|

« 危機にこそ詩歌(2) | トップページ | 分去れ(わかされ)の道標 »

コメント

大震災後、原発のあり方を巡る種々の見解を目にしながら、文明の転換という事を考えます。文明が文化の何か根源的なものを否定した時、人類は滅びの淵に立つような気が致します。「衣替え」は文化の一つと思いますが、昨今は、その折り目正しい慣習も廃れて、日々の気象条件に合う個々の装いが目立って居ります。動物園経営等の判りやすい例を見る思いでしたが、存在するだけで良かった悠長な時代はとっくに終焉して居り、今一度自分を問い直しながら温故知新を土台に、一人一人の人智の結集を早急に求められる時代に入っている事を、記事を拝見しながら確認致しました。

投稿: Paillette | 2011年6月 6日 (月) 15時29分

所用のため信州へ行ってきましたが最近はTV等の影響もあり、土地風土に合った服装などが見られなくなり、一見個性的のように見えながら実は画一化されていることを感じます。
季節に応じて衣服を替えるときの軽やかな気分も、形を通して心に新風を吹き込む為の先人の知恵でしょうね。
  恋のない身にも嬉しや衣がへ 鬼貫
などもその感じを詠ったものでしょうか。
信州の南部を通過する予定のリニヤ・カーの停車駅などに就いても意見が出ているようですが、それ以前に自然を破壊してまで作られるこのシステムは本当に必要なのでしょうか。交通手段以外の効用があり、それが国益と深く関わっているとも見えないが。

投稿: Alps | 2011年6月 9日 (木) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/51819322

この記事へのトラックバック一覧です: 羊も衣替:

« 危機にこそ詩歌(2) | トップページ | 分去れ(わかされ)の道標 »