« 遠江引佐細江の澪標 | トップページ | 佐鳴湖畔 »

2011年5月 3日 (火)

車内放送

5月1日13時から、長野駅前の会場で身内の会合を持った。
開始時刻を13時と決めたのは、名古屋駅発10時の中央西線特急が、長野駅へ12時53分に着くので、それに合わせて開始時刻を決めた。

名古屋駅を定刻10時に発車した電車が木曽福島駅を出てから間もなく、「只今、篠ノ井線は強風の為運転を見合わせています。」と車内放送があった。乗客の間に動揺が走ったが、比較的冷静だった。
木曽福島駅の次の停車駅は塩尻駅。そこで車掌の交代がある。

電車は松本駅を定刻に発車した後、「強風の為列車は西条駅に停車します」と車内放送があり、同駅に停車した。

ところがそれから先、風の状態や、普通電車の運休状態や、私たちの特急も何時になったら出発できるのやら全く車内放送がない。勿論電車の安全運転の必要であることは十分理解している心算だ。しかし車掌に聞きたくても、車内はさほど混んでもいないのに、全く廻って来ないので聞くことが出来ない。要はつんぼ桟敷に置かれたままだった。

或いは車掌にも情報が正確に齎されていなかったのかも知れないが、それならそれでその状況を適宜、乗客に知らせるべきではなかったか。

西条駅停車15分くらいした頃、電車のドアを開け運休で同駅にいた人たちを収容した後、発車し麻績駅を通過するまでノロノロ運転で走る。その間もその状況説明もなく、車掌は矢張り廻っても来ない。

電車は、麻績駅を通過してから本来の特急電車になったが、それに就いても車内放送がない。
長野駅に着く寸前になって「遅れて申し訳ありませんでした」の一言あっただけ。結果的には30分以上の遅れとなった。
民有化されても、まだまだお役所的な雰囲気が抜けきらないのだろうか。

因に翌日の信濃毎日新聞によると
「日本海東北東に進む低気圧に南から空気が流れ込んだ影響で、1日の県内は各地で強い風が吹いた。長野地方気象台は同日、県内全域に強風注意報を出した。同気象台によると、最大瞬間風速は松本で18.8㍍、長野で16.2㍍。注意報は同夜、解除した。
JR篠ノ井線は午前11時18分頃、東筑摩郡坂北村の西条駅の風速計が規制値を超えたため、西条ー坂北間で上下の特急と普通列車計5本が運転を見合わせ、最大で約50分の遅れが出た。」とある。

余談ながら翌日の長野地方の黄砂は酷く、周囲の山々は全く見えなかった。

|

« 遠江引佐細江の澪標 | トップページ | 佐鳴湖畔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/51564996

この記事へのトラックバック一覧です: 車内放送:

» 旅は計画をチャンと [二人のピアニストに思う]
Alpsブログの記事: ▲続、ある出会い は、Alps氏の知人であるO.H.さんの、千曲川の流れに沿っての旅の、「旅行紀」と「スケッチ」の紹介である。 そのスケッチに描かれた郷里の風景の懐かしさ、しかも、偶々、丁度、同じ時期に同じ地域を移動していたこともあって、私...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 6日 (金) 06時20分

« 遠江引佐細江の澪標 | トップページ | 佐鳴湖畔 »