« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月28日 (木)

東日本大震災に思う(2)

東日本大震災は、先刻承知のように、地震、津波、原発、風評の4重苦に襲われ、亡くなられた方々に対しては、衷心からご冥福をお祈りし、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。本当に我々にとっても他人事ではないという想いがひしひしと伝わってくる。

あれから1月半が経った。
その間、原発問題については、東電社長が心もとない説明をした後、余り東電からの具体的説明がなく(最近になってどうやら説明するようになったが)、その一方で原子力安全・保安院原子力安全委員とやらが聞きなれないシーベルトなどという数字を並べたてて、心を感じさせない棒読みの状況報告を繰り返した。
私は当初、彼らがどんな関係にあるのか、どんな組織に属しているのか、脈絡なく発表される報道に途惑った。それにそもそも彼らの責任は那辺にあるのか今も知らない。

それに、素人にはあのような数字を並べられても中々事の深刻度は判らない。只、映像と他の報道を組み合わせて事の深刻さを掴み取るだけだった。あの報告の中の物理量単位は、二人のピアニスト氏の「放射線関係の物理量単位」を読んでも当該部分に就いて、表面的に理解できる程度の知識しかない。被災者は勿論だが日本中、いや世界中が見守っている中での説明であるなら、せめて日本人ぐらいには判る様な説明をしたらどうかと思った。

緊急事態時は当然ながら、対応する組織化が必要なことは論を待たないが、この問題について「復興構想会議」の一員にもなった内館牧子氏が、日経新聞の「明日への話題」欄に次のように述べている。
『私自身は政府・与党が震災関連で会議や委員会を乱立させていることが、ずっと気になっていた。今後、新たに「復興実施本部」が設立予定で、それを入れると20にもなる。まさに「雨後の筍」状態で生まれたこれらが一体何をやっているのか、どういう実績をあげているのか、指揮系統はどうなっているのか、私を含めて国民の多くはわかるまい。
「復興構想会議」はそうならないように、何をめざし、何を考え、どう動いているのかを、国民に明確に説明する必要がある。私はそう訴えた。』
全く同感であり、国民は皆そう思っている筈だ。
併せてこんな時に来年度予算案に関連し震災対策などで閣僚ポストを三つ増やす内閣法の改正案を何ら根回しもなく野党に投げかける無為無策ぶりは目に余るものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月22日 (金)

妻籠宿

友人からの誘いもあり、私も体調が回復したので不動温泉一泊の旅行に夫婦共々参加した。153号線で飯田経由長野方面へは過去何十回となく通っているが、飯田の手前153号線から左に入った所の昼神温泉は良く知っているのに、153号線脇にある不動温泉は迂闊にも知らなかった。
友人の知り合いが、その不動温泉で旅館を経営しているので其処に一泊する。
妻籠宿、木地師の里等を経て温泉に着く。

妻籠宿は、ウィークデーとは言いながら閑散としていた。
東日本大震災の影響から海外からの観光客が減っていると聞いた。Img_1175_2 前回来た時も同じ季節の頃のウィークデーだったが、中国人や韓国人と思しき人たちが多勢見えて、あの店この店と賑やかだった。しかし今回は状況ががらりと変わっていた。
今度の大震災の影響がこんな所にこんな形で現れているとは予想外だった。

宿場道の脇には絵を描いている人がいる。一般に人が絵を描く場所はその宿場の中でも普通は景色の良い所と思ってよい。

Photo_3 通りかかったおばさんの背中に着ている物を、知人が聞いたら、「ねこ」というものだという。
「ねこ」を広辞苑で引いてみると「ねこだ」を引けとある。
「ねこだ」を引いてみると「ねこだとは藁縄を編んで作った大形のむしろ、また、背負い袋。背負籠の下に当てる藁製の背当てをもいう。ねこがいねこ。」と記されている。
私にもこの「ねこ」には遠い記憶がある。
その「ねこだ」の形を生かして、防寒用の衣類として作ったものらしい。写真のおばさんの背当てがそれで、そう言えば、各お店の人たちが着ているのを見て矢張り、寒冷の地ではその地に合ったものを作って使うものだと感心した。

知人がその「ねこ」を買いたいと言ったら、おばさんは直ぐ一軒の店に案内してくれた。知人と一緒に私も買って今愛用しているが、軽くて着ているのかどうか判らないのに背中が温かい。
おばさんは、「私のお店はあそこだから寄って下さい」と言って出て行った。勿論、その後その店へも寄ったが、こうしてお互いに商売も助け合ってやっているのだなあと温かいものを感じた。
    里人のねこだ身に付く花馬酔木

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

「きたまど」第32集

宇都宮市・鹿沼市を中心に活躍している「北窓句会」の活動の模様を、K子さんから今年も合同句集「きたまど 32」という形で頂いた。きたまどは年1回の発行だから32年も発行し続けていることになり、一昨年には30周年記念特集号も発刊され、会報も今年の10月には400を迎えることになるという。会員各位のご努力と熱意には頭が下がる。深く敬意を表したい。

そして表紙の絵も毎号郷土色豊かな絵が掲載され、今回は昔懐かしい「囲炉裏」である。

32 例によって各自10句を載せ、それに一言が添えられている。俳句も素晴らしいがその一言が、たまらなく魅力的である。思わず引きずり込まれ、自分の経験と照らし合わせて読む。

巻頭エッセイはU氏の「ありのままに」と題して、子規から虚子を経て現在に及ぶ作句態度に就いて述べられているが、俳句に親しむほどにその「ありのままに」の難しさについて実感させられると述べられている。将に至言である。

「作句と選句は表芸」と言われるが、厚顔をも顧り見ず、私の好きな句を拾い上げてみる。

 

高瀬舟の舫ひは解かず松の内

 消えまじと瀬音に縋る夕河鹿

 初霜や燧ケ岳(ひうち)池塘に影正す

 寒林を抜けて歩巾の広がれり

 朝の気を裂いて雉子の声走る

 春雷のつぶやきに似てあと黙す

 手に軽き母の道行花菜径

 研ぎ上げし鎌のにびいろ黄砂降る

 小春凪波のリズムに歩を合はす

 著莪咲いて峠に残る無縁墓

 小春日や句碑巡礼のむすびの地

 しろがねの光貯へ麦の秋

 想ひ出の薄れしもありこぼれ萩

 枯れきつて戦場ヶ原風の原

 暖かや飴の中から桃太郎

 春寒や鋼光りの藍の花

 いつまでも浮きたる夕日麦の秋

花道に桜蘂降る村歌舞伎

 葉桜や万の日の斑が地を揺らす

 寒鴉着地せる時嵩高に

 街中が今輝いて楠若葉

 麦秋の輝く郷に入りけり

 生き延びて戻りし軍靴麦の秋

 鮎落ちて山容尖る簗場かな

 海女ひとり小さく沈む秋の海

 下萌に誘ふ母の車椅子

 軒燈籠きのふの妻に会ふ思ひ

 天心にひとつ小さき盆の月

 祓はれて嘶く神馬豊の秋

 夕炊ぐにごりほのぼの春の川

 独りより二人が寂し秋灯下

 まだ影を置かぬ植田の入日かな

あとがきにU氏は言う。「句会発足以来休むことなく、恙無く続けて来られましたのも皆さんのご協力があったればこそと思っています。これからも、いつまでも元気で、句会を楽しんで行って頂ければと願っています」、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

浜松城の桜

娘から「浜松城の桜が見事ですよ」と知らせがあった。
そう言えば浜松に来てから何十年も経つのに、ついぞ城の桜を見に行ったことがない。
その上、去年の年末から今年の年始にかけてと、3月から4月上旬まで体調NGで余り外出もせず、閉じこもっている機会が多かったが、体調も漸く回復してきたので、娘からの知らせを好機に出かけることにした。

Photo 写真(クリックで拡大します)は4月12日の浜松城の模様で、桜の花に浮き上がった景色は又格別の趣がある。

浜松城は徳川家康が遠州攻略の拠点として築いた城で、元亀元年(1570)岡崎城からこの城に移り、駿府城に入るまで約17年間、この城を本拠として徳川三百年の基礎を築いた。
家康の後、城主は代々譜代の大名が勤め、在職中に老中にまで栄進した人が多い。このことから世に出世城と言われる。
現在の建物は昭和33年(1958)に再現された。

城を囲む一体は浜松城公園として整備されている。ここも桜の花に覆われ、その間に点在する若楓の緑が美しい。
Photo_3 子供連れの人たちが花を楽しんでいる風景は、一瞬、東日本大震災を忘れさせる。
写真はその時の公園内の一風景である。

浜松城公園内の日本庭園は、自然地形の高低差と、水との関連も考慮して広葉樹が多く植えられている。谷間に上、中、下の三段池と夫々に大滝、小滝、滑滝が設けられ、上池に石橋、下池に木橋が架けられ庭園の添景となっている。庭園の各所には石灯籠が配置され、敷石には切石敷・寄石敷・玉石敷が配置されている。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »