« いつも追われ | トップページ | 映画「カサブランカ」 »

2011年2月15日 (火)

トランジスターラジオ

今時、トランジスターラジオなどと言うと黴の生えた感じになるが、まさしくその黴の生えた様なラジオが、今まで我が家でれっきとして使われてきた。先に電子手帳を書いた時も、「なんと物持ちの良い人」とコメントを入れていただいた経緯もあるが、今度のラジオはもっと年代物だから、電子手帳よりもっと物持ちが良い代物だ。

商品名は、「Hitachi 3Band Transistor Radio」とあり、品番はWH-817とある。AM、SW1,Sw2の3バンドで(当時はFMはまだ普及されていなかったし、SWが相当幅を効かしていた時代でもあった)、この数十年間は専ら家内の手遊びのお相手として愛用され現在に至っている。
1_3 2_2 
写真上左は皮のケースをまとったものでこの状態で聞いている。右はケースを外した本体である。
3 又、上の写真はその内部の構造を撮ったもの。

サイズは、幅20cm、高さ12cm、厚さ5cmで、重さはケース無しで1.3kg、ケース付きで1.4kgと中々この種の製品としては重厚感がある。

購入したのは昭和36年(1961)5月頃。丁度半世紀を経て今まで健在で、兎に角音質が良く、音楽番組も比較的聞ける製品でもあった。何回か落としたことがあったがびくともしなかった。最近では1日5~6時間ぐらいは使っていた筈で、そう考えると使用時間の累計は相当な時間になるに相違ない。それにも拘わらず故障は殆どなく多少ガリオームが出た程度である。使用方法は大きさや重さの関係もあって机上に置いて使うことが多かった筈であるが、それにしても結果的には、設計技術や生産技術上の耐久テストの実証をした結果にもなる。
但し経営方針との関係で現在の経営とのマッチングと言う点では議論があるかもしれないが基本的には信頼性の実証結果になったと思う。

しかし矢張りこの2,3日、回路のどこかの接触不良か時々音が途切れたりするようになった。ラジオは聞きながら出来る仕事もあるので、TVとは違った効用があるので、主な部屋には置いてある。

それにしてもこんな製品が今時あるという事を知って貰いたい。そして良心的経営と商品技術との関係にも思いを致したいものと思って取り上げた次第である。

|

« いつも追われ | トップページ | 映画「カサブランカ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/50880818

この記事へのトラックバック一覧です: トランジスターラジオ:

» 注射液のガラス粉 [佐久間象川]
又しても、旧い新聞記事切抜からの問題である。 1978/6/28の日本工業新聞に、「正義感とネック」   という標題で、注射液のガラス粉の問題が            取上げられていた。   この記事の問題提起によって、その後   この事態が解決して現在は心配ないのか、   または、問題はそのまま残っているのか、   私は知らないので、敢えて此処に   記事の紹介をするのである。... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 01時39分

« いつも追われ | トップページ | 映画「カサブランカ」 »