« 鳴門渦潮 | トップページ | 或る書店を訪ねて »

2010年10月27日 (水)

みんなで上れば

今年の四月は瀬戸大橋を渡って、高松へ出る四国巡拝コースで、第一番札所の霊山寺から、第十七番札所の井戸寺まで17ケ寺を巡拝した。

そして今回は鳴門渦潮を眺めながら、神戸淡路鳴門自動車道を通り徳島から高知へ出るコースで、第十八番札所の恩山寺から第三十一番札所の竹林寺まで14ケ寺を巡拝した。

Sa 淡路SA(写真)から見る『明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)は、神戸市垂水区東舞子町と淡路市岩屋とを結ぶ、明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊橋で、全長3,911m、中央支間1991m。明石海峡大橋の主塔の高さは海面上298.3mであり、国内では東京スカイツリー(634.0m ※2012年竣工時の高さ)、東京タワー(333.0m)に次ぎ、横浜ランドマークタワー(296.3m、海抜は300mで同じ高さとなる)を超える高さの構造物である。1998年(平成10年)4月5日に供用が開始された。建設費は約5,000億円。(Wikipedia)』(写真は何れもクリックで拡大します)

寺に石の階段はつき物だが、特に神峯寺(こうのみねじ)は急坂で知られる難所で、岩崎弥太郎の母は幕末の頃、弥太郎の開運を祈願してこの急坂を上ったと云う。
Photo

最近では自動車道が開通したとは言え、乗車したバスでは途中までしか行けず、其処からは業者専用の小型マイクロバスに分乗し、業者のガイド附きで上れる所まで行き、降車してから歩く。

坂を上り詰めた所から、石の階段のつづら折れとなる。
足腰の弱くなった老人が一人で来たら、その景に辟易して上るのを躊躇うのは間違いない。
Photo_3 しかしみんなで上れば互いに励ましあって何とか上ってしまうから不思議だ。
要はまだ上る気力・体力が残っていると言うことだ。

それに最近では手摺のついた石段が増えたので、足腰が弱くても手摺に縋って自分の体を引き上げて行くので何とか上りきることも出来る。

又お互いに弱い者に手を貸しながら上ってゆくのも微笑ましい風景で、同行二人の実践でもある。

そんな苦労をして上りきりお参り出来た後、足下の絶景を望んだ時の気持ちは又格別で、矢張り来て良かったなあと感じる瞬間。楽は苦の後から附いて来るもの。

Img_0659 Img_0655_3

土佐二十九番札所の国分寺の参道の辺には柿が熟れていた。正岡子規を思い出す。又、同三十番札所の善楽寺の境内では、児童らが思い思いの位置でお堂をスケッチしていた。

|

« 鳴門渦潮 | トップページ | 或る書店を訪ねて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/49858461

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで上れば:

« 鳴門渦潮 | トップページ | 或る書店を訪ねて »