« 浜松周辺の見所 | トップページ | 裏方 »

2010年9月16日 (木)

落慶

先に、「浜松周辺の見所」を紹介した中に、臨済宗大本山「方廣寺」の欄がある。その本堂は前述のように、明治38年(1905)から大正7年(1918)にかけて竣工された。

Photo 昨年(2009)4月から、本堂の平成大修理が行われていたが、この9月1日にその落慶法要が盛大に行われた。

写真は今年(2010)1月3日、本堂大屋根修理の模様で、大量の瓦の葺き替えや、足場だけでも大変なものだと思った。(写真はクリックで拡大します)
ただこんな時だからこそ見られる景でもある。

偶々或る会合で、9月1日に訪れた時、落慶法要が行われていた。まだ修理が行われていると思っていたので、まさかそのような法要の場を見られるとは予想していなかっただけに僥倖だった。

本堂の裏に舎利殿がある。其処へ階段を上ってゆく途中から下を見ると、修復成った本堂を含めて塔頭の甍が煌いていた。写真はその景で遠方には三重の塔も望見出来る。目の前には百日紅(さるすべり)が綺麗に咲いていた。
Photo_2 落慶法要に参加している20数名の僧侶の一斉唱偈や転読の景は圧巻である。
初勤行を詠んだ句に、
     海鳴のごと百僧の初読経    鹿島四潮
がある。そんな句を彷彿とさせる景でもあった。   

|

« 浜松周辺の見所 | トップページ | 裏方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/49465065

この記事へのトラックバック一覧です: 落慶:

« 浜松周辺の見所 | トップページ | 裏方 »