« 大文字 | トップページ | 残暑 »

2010年8月26日 (木)

地蔵盆

八月は盆月と言われ、宗教がらみの行事が多い。

その一つに地蔵盆がある。

地蔵菩薩 (じぞうぼさつ)は、仏教の信仰対象である菩薩の一尊。大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包み込み、救う所から名付けられたとされる。一般的には「子供の守り神」として信じられており、よく子供が喜ぶお菓子が供えられている。
一般的に、親しみを込めて「お地蔵さん」、「お地蔵様」と呼ばれる。

地蔵盆は、8月23,24日を中心に行われる地蔵菩薩の縁日である。昔は陰暦7月24日であった。辻々にテントを張り、地蔵の涎掛けを新調し、提灯をつるし、果物や菓子を供えて祀る。

浜名湖の猪鼻湖に突き出した半島の先端に近い、三ヶ日町大崎の「宝珠寺」でも毎年8月24日には地蔵盆が行われる。Photo

当日は夕方の6時半頃になると、信者が集まり、予め用意された燈籠に願い事や、俳句などを書いてお納めする。写真はその一部の絵灯篭がそろそろ準備されだした状況を示す。
Photo_2 当夜の行事は、

まづ、本堂内に於いて、般若心経の唱偈から始まり、大般若経の転読(大分の経文の略読の方法)が、僧侶たちの掛け声もろともに行われ、消災呪(しょうさいしゅう)の三読等の唱偈を交えて、読経が終わると、前述の各自が予め書いた絵燈籠に灯を入れて、それを寺脇の岩の上とか、階の端(写真)とかに供えて夫々の想いを込めて祈りを捧げ、済むと三々五々帰路に付く。

聞くところによると、去年までは寺の境内にある六地蔵の前で行われたと聞くが、今年は他の要因もあって本堂内で行われたと言う。

然し、本来の意味からすると、去年までの方法の方が本来の地蔵盆に相応しいと思った。
供えられた燈籠の灯は、長い階の上まで続いて赤々と燃えていた。

|

« 大文字 | トップページ | 残暑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/49255704

この記事へのトラックバック一覧です: 地蔵盆:

« 大文字 | トップページ | 残暑 »