« 第44回蛇笏賞 | トップページ | 句集「戸隠第四」 »

2010年7月20日 (火)

井伊谷宮と秋桜子句碑

浜松市の一角に井伊谷宮がある。井伊谷宮(いいのやぐう)に就いては、井伊谷宮と龍潭寺に既に書いたことがある。その中で既述のように井伊谷宮には、後醍醐天皇の第四皇子である宗良親王が祀られていて、社殿の背後に宗良親王のご陵墓がある。神紋の李花紋は、歌人としても有名であった宗良親王の歌集の題名に因むものである。

この井伊谷宮の神域に、俳人として有名な、水原秋桜子の句碑が立っている。
過日、秋桜子のご子息である水原春郎馬醉木主宰奥様、それにお孫さんである徳田千鶴子副主宰が、龍潭寺(井伊谷宮に隣接し現在外装修復中)や、井伊谷宮それに宗良親王のご陵墓にも参拝され、秋桜子句碑にも親しく対面される機会があった。

ご陵墓は遠く京都に向かって静かに立っている。鶯の声が杜に響いていた。写真はそのご陵墓である。
Img_02221

水原秋桜子の句碑は、井伊谷宮の社殿の傍らに立っている。守石の苔は歳月を偲ばせ、折りしも万緑の真つ只中にあった。

Img_01881      水無月の落葉とどめず神います   秋桜子
そばに「句碑建立の由来」が記されている。
『水無月(みなづき)は6月の別名で、6月頃の落葉は楠・樫・椎・桜・杉等、秋の紅葉とは違って照り渡る初夏の陽光を浴びて、降りしきる様に落ち、掃いても掃いても後から後から落ちるのが通常であります。
そのような激しい落葉なのに、さすがは神社の境内だから清々しく清掃されていて、玉砂利の上には一枚の落葉も見られない。
その清々しさの中に水原秋桜子先生は神々を見出したのでした。
水原秋桜子先生は、宮内庁に勤め侍医として宮中に奉仕せられた。一方「馬醉木」主宰として近代俳句の提唱者として、大きな功績を残した文化人でもありました。
昭和48年、当宮再興の始めに参拝された折の御前詠であります。』と、記されている。

|

« 第44回蛇笏賞 | トップページ | 句集「戸隠第四」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/48919281

この記事へのトラックバック一覧です: 井伊谷宮と秋桜子句碑:

« 第44回蛇笏賞 | トップページ | 句集「戸隠第四」 »