« 岬鼻 | トップページ | 茅の輪 »

2010年6月15日 (火)

藤沢周平の「一茶」

藤沢周平の時代小説は何れも人肌の温みがある。
小説「一茶」もその一つ。一茶は、私の生家からは比較的近く、雪深い信州柏原の産。
写真は1981年、文春文庫として刊行されたものを、2009年4月に新装版として発行されたもの。
1
周平は山形師範(現山形大学)卒業後、郷里で中学教師を勤めていたが、、就職後2年、結核に侵され、闘病生活中に休職期間が過ぎて復職が出来なかった。このことが結果的に彼の運命を変える事になる。

闘病生活中、病院の中の句会に入り、静岡の俳誌「海坂(うなさか)」に投句し、指導を受けた。その後次第に句作からも遠ざかったが、それが機縁で俳句に関する書物を読むようになり、小林一茶と出会うことになった。以後の彼の時代小説の舞台となる「海坂藩」の誕生は、俳誌「海坂」の名前から取られたものでその経緯は「藤沢周平と海坂」に詳しい。

解説の文芸評論家・藤田昌司氏は概略次のように言う。『本書は、あくまで藤沢周平の視線から捉えられ、息吹を吹き込まれ、現代に蘇生させられた一茶である。一茶に対する周平の並々ならぬ執着を感じさせる意味からすると、あくまで周平の一茶である。』

幼児、生母に死別し、継母に冷たく扱われ、不幸な幼少期を過ごし、15歳で江戸に奉公に出された。以後10年間の詳細な記録は消えてしまっている。その間の足跡は周平の想像で描かれている。
   痩蛙まけるな一茶是に有
   雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
等は幼児の記憶から滲み出た人間性の一端を詠ったものであろう。

藤田氏は続いて、『それ以後の足跡はかなりはっきりしている。
   秋寒むや行先々は人の家
   秋の風乞食は我を見くらぶる
40歳を過ぎてなお、こんな貧乏句を詠んだ一茶である。そのような漂泊と赤貧に疲れた初老の男の悲哀に、周平自身の運命を重ねながらこの小説を書いたものと思われる。

(一茶の晩年は、義弟との遺産相続争いや、50歳を過ぎてもらった若妻との生活。次々愛する子をなくす運命。)

藤沢周平の書こうとしたのは、そのような一茶の「ただの人ぶり」であり、ただの人のままに「非凡」だという複雑な人間の研究であった。
一茶は生涯に2万句を詠んだと言われる。或いはその何倍かの句を詠んだかも知れない。……
「慈悲心とか小動物を可愛がる心があったといわれるが、そうではなく何でも詠んでやろうというところがあったんですね。エキセントリックな性格があって、小さなものに執着した。それは慈悲心なんかと関係ないんです。」と周平は私とのインタビューにこたえ語っている。
周平は最も好きな句として、
   木がらしや地びたに暮るる辻諷ひ(つじうたい)
   霜がれや鍋の墨かく小傾城(こけいせい)
の2句を挙げる。
「地びたに暮るる…」と、辻諷いと共に街行く人びとを見上げるローアングルの視線に共鳴し、「霜がれや…」の句は、芭蕉の「ひとつ家に遊女もねたり萩と月」や、其角の「小傾城行てなぶらん年の昏(くれ)」などと比べれば、人生の底辺に生きる人間へのよりそい方がわかるであろう、というのだ。
そしてこのような一茶への共鳴のしかたこそ、藤沢文学のもつ肌のぬくもりであり、心にぬくもりを失った現代人にとっての魅力でもあるといえるだろう。』 

おわりに、  
   はいかいの地獄はそこか閑古鳥
   細る也蚯蚓(みみず)の唄も一夜づつ
   古利根や鴨の鳴夜の酒の味
   是がまあつひの梄(すみか)か雪五尺

|

« 岬鼻 | トップページ | 茅の輪 »

コメント

”辻諷い”の句を拝見して、シューベルトの”冬の旅”の「老音楽師」を思い起こしました。
それから、末尾の句を拝見して、昔の不良共と違って、「音楽なんてどうでもよい」と言いながらリズムの狂った踊りをする連中のなかでダンスを続けている私を、長生きをしすぎたために”雪五尺”の中に閉じ込められているのだな、と納得。

投稿: 変人キャズ | 2010年6月15日 (火) 18時35分

色々感じて頂いて有難う御座います。

本や雑誌は黙っていると足元まで押し寄せてくる。どうしても手元においておきたい本を除いて、専ら図書館を利用することにしていますが、今度は、著者が藤沢周平で、内容が一茶、それに装丁が立派なのに惹かれてつい買ってしまいました。

投稿: Alps | 2010年6月18日 (金) 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/48628202

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平の「一茶」:

« 岬鼻 | トップページ | 茅の輪 »