« 中山道石畳 | トップページ | 白浜・三段壁 »

2010年5月31日 (月)

乏しきを

自らは鍬を手に専業農婦として働きながら、偉大な夫を支えその力を存分に発揮させ、一方で立派に子を育て、且つ一流の歌人として足跡を残した、金子きみはその歌集「草の分際」の中で「物は心を食う」と題して次のような一文を残している。

『「はたらけどはたらけど猶わが生活(くらし)楽にならざりぢっと手を見る」こうした嘆息は日本人の普遍的なものだった。私たちもそういう生活を当たり前として生きてきた。……しかし戦後の経済成長はこの感慨を遠くした。便利、敏速、繁盛、斬新、溢れる物量に押しまくられて心は縮む。私にはそれが、ものが心を食べている姿に見えて仕方がない。』

このような嘆息は「或る年賀状」にも記されているし、 「母の世は」にも同じ趣旨の事を述べている。

時代が違うと言えばそれまでのこと。生活レベルが違って何十年も前のことを今更言っても始まらないと、したり顔する連中も居ることを、せんこく承知で敢えて一言を。

私たちの子供時代は、義務教育は尋常高等小学校の、尋常科だけでそれ以上の進学は、それなりの才能とそれなりの資力に恵まれたものだけに限られていた。
それだけではない。義務教育といっても、教科書は自費で買った。教科書を買うお金がなくて苦労した親御さんも沢山居た。だから教科書を開く時は押し頂いて開いた。馬鹿げた事をしたものだと言いたい奴は言うが良い。自分が金を出したものは大事に扱うのは自然の成り行きだし、当時の親はそのように子供を教育したものだ。
勿論義務教育を終えて更に進学した人は定められた負担を負うのは論を俟たない。

それがどうだ。今は教科書の無償配布。義務教育でも無い高校教育まで無償とは。

しかも子ども手当まで出す。将来のことを考えれば子供は国家にとって宝物であることは論を俟たない。少子化対策が緊急に必要なのは当然のことだ。
しかし子ども手当を満額支給したら子供が二人居る家庭では、子供が中学卒業までに1000余万円の支給を受けることになる。しかも年収とは関係なく支給される。「乏しきを憂えず等しからざるを憂える」と言う観点からしても、子供をつくれない家庭は、子供の居る家庭に対してそれだけ税金を負担しなければならない。これは一種の不平等である。

しかも子ども手当の内容を仔細に見ると驚くような内容であることに気がつく。すべて日本国民の血税であることを、何故かマスコミは報じない。
その内容は敢えて省略する。事務手続きをする各自治体の届け出内容の事実確認にも問題がある。しかも少子化対策として得られる効果の予測値が出されていない

少子化担当大臣は今まで何人代ったか知らないが、この程度のことしか対策として考えられないとすれば、金子きみが心配していたことが将に現実味を帯びてくる。

明日から6月

|

« 中山道石畳 | トップページ | 白浜・三段壁 »

コメント

”母の世は”を拝読した時には、コメントを入れようとして書きかけても、どうしても書ききれませんでした。
あの時代の記憶のある我々から見て、現在の我が国のかじ取りをしている政治家、官僚の幼稚さ。 本当に口惜しいです。

投稿: 変人キャズ | 2010年6月 2日 (水) 03時40分

2009/9/16に首班指名された鳩山首相が、今日(2010/6/2)、退任の意思表明した報を聞いた。
発足時の期待が大きかっただけに、今日までの行動に失望感が強かった。
日本の政治家の資質もこんなものばかりではないとは思うものの、選挙といえば、ただ数の論理で、芸能人やスポーツ人、それらを含めた著名人?やらを候補者に仕立て上げる方も、それを受ける方も、共に日本の国を背負うと言う気概を全く感じられない現状に、失望感が募るばかり。政治の堕落極まる感がある。責任の一端は当然選挙民にもある。
だから、金子きみ氏が心配したことが現実化する悲しい現実を見る想いがする。
子ども手当は一例に過ぎないが、対象者の範囲に問題があるだけでなく、世の親の使い方も注視する要がある。

投稿: Alps | 2010年6月 2日 (水) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/48504918

この記事へのトラックバック一覧です: 乏しきを:

» 年収2000万円医師の転職 [転職求人]
年収2000万円以上の医師の転職求人などはどうでしょうか。医師と言えば高給の仕事としてイメージがありますが、医師の平均的な年収は1000万円前後ということです。開業医であったり大学病院勤務、または正職員として働いている病院の大きさなどによって違いはあるでしょう。年収2000万円以上の医師の転職求人はどういったものなのか調べてみたいと思います。例えば専門にしている分野によっても病院は違いますし、また務める病院やク... [続きを読む]

受信: 2010年5月31日 (月) 21時17分

» 金子きみ氏の戦中回想記事(1) [佐久間象川]
金子きみ氏、と言っても、知る人は知る、知らぬ人は知らぬ、名前だろうが、 以前に私のブログに書いた、 ▲「縁」に就いて(5) 金子智一、佐藤嘉尚:[B-49] をお読みになって、ご記憶の方も居られるであろう。 その金子きみ氏が6月23日にご逝去されたので、ご子息の雅昭氏が追想の記を書いておられる。... [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 02時05分

» 再掲:『血税の使い方』 [変人キャズ]
再掲の前置き: [続きを読む]

受信: 2010年6月 2日 (水) 03時02分

« 中山道石畳 | トップページ | 白浜・三段壁 »