« バルセロナへ | トップページ | バルセロナの雪 »

2010年3月31日 (水)

カスバの村

バルセロナの北北東、約100Km の所にOlotという町がある。その町の手前(バルセロナ側)10Kmの山間のHostal La Devesa に泊まった。

Img_9302 Devesa
Img_9304_2 バルセロナから行く道の左手には雪嶺が遠望され、道辺には羊がのんびりと牧草を食べていた。
ホテル周辺の山には頂上が平らな岩山が多く、自然の景観を見せていた。
この付近の山はこのような岩山が多いように見受けた。

そのホテルから程近いところにRupitという村がある。
其処を見てくるというのでそそくさと出かけた。ホテルにカメラを忘れてきたことを途中で気がついたが、引き返すのは同行者にも迷惑がかかるので、そのまま行くことにした。
残念だが仕方が無い。村の入口でで買った絵葉書から景を借用する。

Rupit_21 村の入口に人数制限のある吊橋が懸かっている。
その橋を渡った所で景色が一変する。

狭い入り組んだ道、緩やかに曲りながら上る階段、それらがみな石で造られている。その狭い道を挟んで石の家が道を圧して立ち並んでいる。

この景を一見した時に、はっと思った。何処かで見た景に似ている。そして思い出した。昔見たフランス映画の中でも名画として知られる、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督、ジャン・ギャバン主演の「望郷」の舞台となった「カスバ」の景に似ている。
私は即座にここを「カスバの村」と勝手に命名した。Rupit_31 此処を歩いているとその石の建物の小さな入口から、ギャバンが今にも出てきそうな錯覚に陥る。建物事態が中世を引きずっているからその想いは一層強くなる。
暫くはその世界に自らを置いて佇んだ。寒いながらも天気は申し分なく陽光が降り注ぐ。まさか此処でギャバンの世界に会うとは思ってもいなかった。
全身を感動が突き抜けるのを感じた。

|

« バルセロナへ | トップページ | バルセロナの雪 »

コメント

懐かしい映画、「望郷」の思い。
此処に張り付けてある写真を見るにつけても、カメラを忘れたのは本当に惜しかった。

投稿: 変人キャズ | 2010年4月 1日 (木) 02時17分

自分が此処だと思う所と、人様のそれとは当然異なるので、カメラを忘れたのは大失敗でした。

投稿: Alps | 2010年4月 1日 (木) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/47958935

この記事へのトラックバック一覧です: カスバの村:

» 「望郷」の記憶 [晩秋]
Alpsブログ:”カスバの村 に、懐かしい映画、の話題が出てくる。 バルセロナの近くの町の風情に、昔見た   フランス映画、「望郷」 の舞台となった「カスバ」の景に    似ているものを感じた、という記述である。 このブログ記事の写真を見ると、    本当にそうだな...... [続きを読む]

受信: 2010年4月10日 (土) 06時42分

« バルセロナへ | トップページ | バルセロナの雪 »