« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月22日 (月)

宝物

些細なものでも想いの籠もったものは、その人にとっては宝物である。
私の机の引き出しの中に、使い古して今は使わなくなった、一本の万年筆がある。昔のパイロット万年筆で、父が松花堂という文具屋で買い求めたもの。
Photo
私が中学(旧制)に入学したときに買ってくれたものだ。
私の育った時代は、一村から中学に行ける者はせいぜい2、3人くらいで、相応の才と財に恵まれた人に限られていた。そんな中で、恩師の薦めもあって、父や母が私を中学に入れてくれたのは余程の決断をしたのに違いない。

万年筆には私の名前が彫りこまれている。
この万年筆は社会人になっても大切に使った。使い古して彫りこんだ名前も掠れて今は消えかかっている。本体とキャップを結ぶ螺子山も磨り減って効かなくなっている。

そんな万年筆だが私にとっては大事な宝物だ。当時の値段でいくら位したか定かではないが、乏しい暮らしの中で父が買ってくれた万年筆。
この万年筆を見るたびに「誠実であれ」「謙虚であれ」「感謝の心を忘れるな」と常に語りかけてくるような気がする。自分一人で大きくなったわけではない。或る俳人は詠う。
    忘恩の徒とはなるまじ年新た    扶人
一本の万年筆。今の豊富な時代から見たら取るに足らないものだろうし、些細なものだろうが、親の愛情の籠もったこの万年筆は私の宝物だ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »