« 大型書店 | トップページ | 宝物 »

2010年1月30日 (土)

フォルクスワーゲンの思い出

新年早々、スズキ自動車フォルクスワーゲン(以下VW)が包括的・業務提携したと発表され自動車業界に大きな波紋を投げかけている。
両者の長所を補完し合って、効率的な企業運営と企業基盤の確保を図るのが狙いといわれる。

最近の自動車業界の大変動からすると、今までの地盤や企業業績をそのまま鵜呑みにする訳には行かないが、取り敢えず、VWに就いてウィキペディアより一部引用すると、
フォルクスワーゲンVolkswagen )とは、ドイツ最大手の自動車メーカーである。傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。……
フォルクスワーゲンは、8つの自動車ブランド、19ヶ国に44工場を所有する多国籍企業である。 ……
2002年から、グループの乗用車ビジネスは、フォルクスワーゲンブランドおよびアウディブランドの2系列となっている。……
近年では、大衆車メーカーから、高級車も手がけるブランドへと変貌を図っている。……
2008年8月現在、フォルクスワーゲンは日本において最も新車販売台数の多い輸入車ブランドとなっている。』と、ある。

私は1969年1月から2月にかけて、1ケ月間の技術視察出張中に、VWを見学する機会があった。2月下旬の雪の降った翌日の寒い日だった。
写真はその時のVW社の外観写真である。大分セピア色にはなっているが。
690221_volks_wagen_2 690221_volks_wagen_1
出張に先立って、事前勉強としてトヨタ自動車を訪問した。予 めY社のK社長から連絡して頂いていたので I常務が対応してくださって、「カンバン・システム」について担当課長から詳しく説明を聞いた後見学したが、勉強不足もあってそのシステムに就いての理解が不十分なままVWを訪問することになった。

訪問当時のVWは、所謂「ビートル」の愛称で親しまれたモデルからの脱皮をしようとしている時期だった。
ビートルは、モデルチェンジなしでの1車種としては未曾有の量産記録となっていて、おそらく四輪自動車で、今後もこれを破る記録は現れないであろうといわれたモデルであった。

ビートルの余りに大きすぎた成功は、後継モデル開発の妨げともなり、「フォルクスワーゲンすなわちビートル」というイメージの強さ、空冷リアエンジン方式というレイアウトが1960年代に陳腐化したにも関わらず、根本的変更が遅れていた。

こんな時期での訪問であっただけに、「会社経営という観点から、あの膨大な設備を新たなモデルチェンジに備えての更新を考えると、その負担の重さが想像され、これからの経営に大きな負荷となることが想像され大変だな」との想いを深くした。それが現実となったのはそれから間もなくのことだった。
かくしてVWの低迷期は1960年代後半以降長く続くことになる。

しかしその苦難期を見事乗り切って世界自動車業界の雄にのし上がった実績は見事である。そのVWとスズキが提携した。これからの展開が期待される。

「未来は過去と決別する時に始まる」そんなことを思いながら40年前に訪問したVWを懐かしく思う。

|

« 大型書店 | トップページ | 宝物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/47422626

この記事へのトラックバック一覧です: フォルクスワーゲンの思い出:

« 大型書店 | トップページ | 宝物 »