« 年の夜 | トップページ | 或る年賀状 »

2010年1月 4日 (月)

初凪

明けましておめでとう御座います。

俳人協会・俳句文学館発行、平成22年1月の俳句カレンダーに、馬酔木主宰水原春郎氏の一句が掲載されている。渡辺千枝子氏の解説がある。

初凪や大海原に島七つ  春郎

『「俳句」平成20年2月号に掲載。伊豆高原の徳田山荘からの眺めと思われる。
「初凪や」と高らかに打ち出して、「大海原に島七つ」とゆったりと受ける快さは、まさに秋桜子先生の調べである。大景に向かって一歩も引かない覚悟のほどが潔い。
20年前、
  夜の薄暑チェホフもまた医師なりし
  ぼろ市のもどりのおかめうどんかな
  検眼のコナルカロフニ冬うらら
などの句をもって颯爽と俳壇に登場された頃の春郎先生は、わざとのように秋桜子先生とは対照的な素材に興味を持たれ、秋桜子夫人をはらはらおさせになったようだ。
2201
しかし、幼い時の折々の家庭俳句会で自然に身についた俳句の骨法をわきまえた上での冒険は、結果として馬酔木俳句の幅を広げるという大きな効果をもたらしたように思う。
既成の型にも発想にも素材にも捉われず、自在に詠んでいらっしゃるように見えながら、年頭に当たってはこのような句をきっちりとお作りになる。血というものであろうか。渡辺千枝子』(俳句文学館紙所載)

新年の句として清々しい大景である。

|

« 年の夜 | トップページ | 或る年賀状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/47199694

この記事へのトラックバック一覧です: 初凪:

« 年の夜 | トップページ | 或る年賀状 »