« 丑年から寅年へ | トップページ | 初凪 »

2009年12月31日 (木)

年の夜

後、数時間で2009年から2010年になる。

恒例のNHK紅白歌合戦が間もなく始まる。今年の紅白は数えて第60回になる。
最近の紅白歌合戦を夫々どのように捉えているだろうか。年代によってもその捉え方が違うだろうが、面白い俳句がある。

作句者は、相生垣瓜人(あいおいがき かじん)。俳句界に於いて最高の名誉である蛇笏賞受賞作家である。句は昭和42年(1967年)の作で、
   年の夜の聞くに堪へざる鄭聲や   瓜人
で、鄭聲(ていせい)とは、広辞苑によると、『「論語(衛霊公)「鄭声淫、佞殆」」(中国春秋時代の鄭の国の歌謡が淫猥である意)猥褻(わいせつ)または野卑な音楽』とある。

古今の漢籍にも精通し、先述のように蛇笏賞受賞作家である瓜人の句であるところが面白い。受け取り方は夫々であろうがこのような捉え方をしている人の多いのも事実である。因みに瓜人は昭和60年(1985年)87歳で永眠している。従ってこの句を詠んだのは69歳の時であった。
瓜人は、年の夜は本来厳粛に静かに、来し方を想い、行く末を案じる時であって欲しいと願っていたのであろう。

|

« 丑年から寅年へ | トップページ | 初凪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/47164919

この記事へのトラックバック一覧です: 年の夜:

« 丑年から寅年へ | トップページ | 初凪 »