« 立体花博 | トップページ | 雪降るばかり »

2009年12月 2日 (水)

句碑

師走に入って早2日。今頃の季節とは思えない暖かいを日和だった。急に思い立って奥浜名湖の周辺へ行ってみた。湖辺を巡る自動車専用路を走る車はトラックが多かった。
浜名湖と奥浜名湖(猪鼻湖)を区切る、Photo瀬戸の赤橋」と呼ばれる橋の近辺は前は随分賑やかだったが、東名高速路との関連性が薄いこともあって、何か取り残された形で、うら寂れた感がある。
何時も屯しているオートバイのライダー達の姿もない(写真はクリックで拡大します)。

つぶて島」は湖に孤影を浮かべていた。湖面は鏡のように凪いで時たま橋の下を走る船外機をつけた舟が作る真っ白な水尾が美しい。

帰りは湖辺の狭い道をゆっくりと走っていると、とある寺の前に出た。
以前、この辺に不思議な形の句碑があると聞いていたが、多分この辺に違いない。参拝しながら本堂の裏手の小高い丘に上って見ると、聞いていた形の句碑に出会った。
Photo_2
丸い形で上に帽子のような笠が被っている。
聞いたところでは、芭蕉翁の旅姿をイメージして作られたらしい。そう言えば、前に伊賀上野で見た「俳聖殿」の形を、ふと思い出させる。
丸胴は上中下の三つに分かれていて、夫々の円周に沿って、縦書きに細かく俳句が刻まれている。字体は夫々だから、作者自身の書いたものをそのまま刻んだものと見受けた。句数はざっと見て百句を超している。

句碑は浜名湖周辺にも数多あるが、このような形の句碑を見たことがない。発想が素晴らしい。句碑に刻まれた奉納句の作者にとっても良い記念になることだろう。

自然の景も良かったが、句碑も良かった。すがすがしい気持ちで帰路についた。

|

« 立体花博 | トップページ | 雪降るばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46918755

この記事へのトラックバック一覧です: 句碑:

» バイクワン [バイクワン]
バイク買い取り査定をお考えの方のご参考に。 [続きを読む]

受信: 2009年12月17日 (木) 02時22分

« 立体花博 | トップページ | 雪降るばかり »