« 林 翔氏 | トップページ | 句碑 »

2009年11月24日 (火)

立体花博

9月19日から浜松市で開催されていた、「浜松モザイカルチャー世界博浜名湖立体花博2009」は、11月23日で閉幕した。会期は66日間。当初の来場目標は80万人だったが、86万1300余人の来場者があったという。

モザイカルチャーは、トピアリーのように植物を刈り込んで作るのではなく、デザインにあわせて作った骨格に植物を植え込んで作るもので、ヨーロッパで古くから楽しまれているもの。形も大きさも自由自在で配色もしやすいため、20世紀末には都市景観を彩る装景技法として定着した。2000年モントリオールでの第1回世界博を皮切りに、3年ごとに各国で開催され、今回はその4回目となる。
Img_8699 開催された場所は浜松市のフラワー・パークで、世界25ケ国と日本各地域からの出品があり盛況裡に終了した。

出不精で余り興味もなかったが、気まぐれ日記さんの、「浜松モザイカルチャー世界博」と「モザイカルチャー2」の記事に触発されて会期末も近い18日に重い腰を上げた。と言っても14時頃に出かけたので、駐車場と会場を結ぶシャトルバスに乗って会場に着いたのは15時を廻っていた。日暮れの早い今の時節では遅い出かけであった。会場内の出品内容は上記気まぐれ日記さんの記事に詳しい。

この中で目を惹いたのは、カナダ・モントリオール市出品の「木を植えた男」で、出品作品の中で最高栄誉賞に輝き、又、来場者人気コンテスト1位にもなった。
Img_8709
本作品の解説に依ると、『1987年モントリオールの映画監督によるアカデミー賞短編映画受賞作「木を植えた男」は、寛大で不屈の羊飼いエルゼアール・プフィエが、一人、不毛の地を命溢れる緑の森に蘇らせる物語で、荒地は石の部分で表現され、男が植える楓が描く虹で希望と再生が表現されている。「虹」と「楓」は秋に森が深紅に染まるケベックのシンボルでもある。野原を走る馬が自由と命の復活を表している。』とあり、情緒に富んだ作品だった。
本作品に使った植物の色と、偶々訪れた時の西日と調和して、「木を植えた男」を見事に表現していて感銘した。
表面的な表現に陥りやすいこの種の作品の中で、この作品は深みがあり、余韻を感じさせ、心に沁みるものがあった。

国際モザイカルチャー委員会のリズ・コルミエ理事長は「浜松は素晴らしい成功を収めた。日本におけるモザイカルチャーのリーダーの位置づけを獲得した」と語ったと新聞は報じていた。

次期開催地は2012年、カナダのモントリオール市。

|

« 林 翔氏 | トップページ | 句碑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46847866

この記事へのトラックバック一覧です: 立体花博:

« 林 翔氏 | トップページ | 句碑 »