« 台風18号 | トップページ | 立待岬 »

2009年10月31日 (土)

クライマックスシリーズ

今日(31日)からプロ野球日本シリーズが始まる。
セ・リーグのペナントレーズに優勝し、クライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いた巨人と、同じくパ・リーグ優勝で、CSを勝ち上がった日本ハムの対戦となる。

考えてみるとおかしなものだが、1年間を戦って優勝したチームが、たった7戦のCSで姿を消してゆくのも現実的には起こる問題で、兎に角CSを勝ち抜かなければ日本シリーズへの切符が手に入らないのが現実である。
そのような機構の中で、特に印象深いのは巨人の足取りである。
あの春先の日本中を湧かせた、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に、原監督率いる日本チームが、宿敵との決勝戦で、イチローの劇的なクリーンヒットで延長戦を制し、再度日本に優勝を齎したときの感激は忘れない。

このWBCに中日は12球団中、唯一選手を出さずペナントレースに備えた。勝敗がすべてというライバルに対抗するように、巨人の原監督は「ファンを魅了してこそプロ」との理念を掲げ、そして勝った。
且つその優勝を目の前にした中日の落合監督は、CSでの雪辱に向け「見くびるなよ」と息巻いた。しかし結局は中日は巨人にCSでも惨敗した。

私は無党派だがこの経過は矢張り記憶に残る。、大方のプロ野球愛好者は勿論、WBC優勝の感激を味わった者にも、夫々の想いの残る経過であったと想像する。
人の記憶も何とやら、終わってみるとやがて時と共に忘れ去られてゆくであろう。

そして今日からの日本シリーズ。興味は尽きない。

|

« 台風18号 | トップページ | 立待岬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46623203

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスシリーズ:

« 台風18号 | トップページ | 立待岬 »