« 哲学の道 | トップページ | クライマックスシリーズ »

2009年10月 8日 (木)

台風18号

10月8日未明、非常に強い台風18号が本州を直撃・縦断した。
今度の台風の進路からすると伊勢湾台風より少し東にずれそうだが、我が家の西側を通ることは間違いない。
台風は西側を通った時の方が被害の出ることが多いのは原理的にも理解できる。そう考えるとあの伊勢湾台風の時の光景がまざまざと思い出される。

伊勢湾台風(昭和34年台風第15号)は、1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島-東海地方に大きな被害を及ぼした台風である。
枕崎台風、室戸台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。
当時、新築中の我が家(今の家に越す前の家)が心配になって台風の過ぎ去るのを待って行って見たら、不法建築だった隣の仮工事場が、ひっくり返り新築中の我が家の上に覆いかぶさっていた光景は忘れられない。

そんなことを思いながら、今朝4時ごろ目を覚ましたら比較的風も強くないので、このまま通ってくれることを祈ったが、矢張り4時半ごろから急に風が強くなり始めた。
そして5時15分頃をピークに6時頃まで、長時間暴風が吹き荒れた。幸い殆ど目だった被害がなく近所の家々も被害がなかったようで一安心した。

因みに今朝の我が家の気圧は、5.00A.M.:976hp、5.15:975、5.30:976、5.45:977、6.00:978、6.15:980、6.30:981、7.00:982、7.15:984、8.00:987、9.00:990、12.00:993、15.00:995hp、以下略。

今頃の通常の日の気圧は、1010hp前後が平均値であるから、今朝の台風の強さがわかる。
NHKの気象予報士は静岡方面の雨量は500mmくらいが予想されると言っていた。500mmとはとてつもない数字で、せいぜい100から200mmくらいが考えられるが、500mmとは信じ難い。結果的には矢張り雨量はそれほどでなく風台風に近かった。

台風の目は、知多半島近くに上陸したと言うから、進路から考えて、恐らく岡崎近くを通ったのではないかと思う。いずれにしても、予報士が言うようにこの10年来の強い台風であったことは間違いない。
全国の被害の少ないことを祈る。

|

« 哲学の道 | トップページ | クライマックスシリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99342/46429667

この記事へのトラックバック一覧です: 台風18号:

« 哲学の道 | トップページ | クライマックスシリーズ »